t f r
^
このエントリーをはてなブックマークに追加
12 follow us in feedly

 

ロッベンはサッカーオランダ代表の中心選手にして、世界屈指のサイド・アタッカーとして世界的に有名選手だ。右から左へのカットインで、左足の細かいタッチで相手をかわした45度の位置から放たれるシュートは脅威的で、2013年11月の欧州遠征時に日本代表から奪った得点は、まさにTHE ロッベンと言うべき、典型的なロッベンゴールだった。サッカーファンなら、動きのシルエットだけで選手名を当てることができるだろう。




 



浦沢直樹作の漫画「PLUTO‎」の世界では、人間と、その人間が開発したロボットが共存していて、人間の生活をロボットがサポートしていた。Huluで見た「イヴの時間」では、ロボットが実用化&進歩して、人間型ロボット(アンドロイド)と人間が共存する世界観だった。

どちらの世界観でも、ロボット黎明期に生産された古い角ばったロボットと、新機能を搭載した人間により近いロボットが登場し、古いロボット達は新しいロボットの誕生とともに、家の片隅に追いやられるようになっていった。まるで、僕らが時間の経過とともに、古いPCから新しいPCに乗り換えるように。


 



イベント開催支援サイト「ATND(アテンド)」で面白そうなイベントが開催されていたのを発見した。イベントのタイトルは「【満員御礼!】管理画面チラ見せ♡ナイト #1」。ディスクリプションにも書かれているように、有名なWebサービスの管理画面がチラ見できるというイベントだ。タイトルに満員御礼と書かれているようにイベントキャパ70人に203人が募集。この盛況だと、第2回も期待できるかもしれない。


 



CESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)が、2014年のゲーム白書の販売に関連して、プレスリリースを発表している。ゲーム白書とは、コンピュータエンターテインメント産業に関わる各種データを調査・集計し業界内外に向け情報を発信している発行物。

それによると、現在も継続的にゲームをしているユーザーにおいて、スマートフォンやタブレットを利用してゲームをしている人が23.0%に達し、WiiやニンテンドーDS、プレステなどの家庭用ゲーム機を利用してゲームをしている人の12.6%を上回った。手元にあるスマホが、普段ゲームをしない層をゲームの世界に取り込んだ結果だと思われる。


 



ニュースキュレーションアプリ「SmartNews(スマートニュース)」の2014年8月1日から放映されるテレビCMが先行してYouTubeに上がっている。SmartNewsは既に400万ダウンロードを達成しており、ネットネイティブ層には認知が行き渡っているアプリと言っていいが、それでもスマートフォンのシェアが50%に行き渡った日本の端末数から比較すると、まだまだ伸びしろがあるはずだ。

しかし残念ながら、非ネットネイティブ層にリーチさせるためには、ネット広告では限界があり、ライバルであるGunosyやAntennaがテレビCM展開によりユーザー数を拡大させたように、SmartNewsもそれに追従する形となった。


 



インターネット関連のサービス事業を手がける株式会社フルスピードの行ったアンケート調査によると、googleやyahooで表示された検索結果のタイトルよりも、説明文(description)を重視しているという結果が出ているようだ。

このアンケート調査は、フルスピード自身が運営している在宅副業マッチングサイト「TALENT」のユーザー160人の男女を対象に行ったもので、当該サイトのユーザー属性は、WEBメディアへの原稿やサイト制作、ロゴデザインなどを受託したいと考えているネットネイティブよりのユーザー属性であり、かつ、アンケート母数も160人と少ないため、一般的なユーザーを対象とした結果とは若干の乖離があると思われるが、それでも、descriptionの重要性を考えさせられる結果となった。


 



外国人がしばしば「Only In


 



本格的に暑くなり、夏休みのシーズンになった。連休になれば外国に遊びに行く人もいるだろうが、海外旅行で戸惑ってしまうのが、その土地の文化や風習だ。例えば日本にはチップの文化はないが、アメリカをはじめとして、海外のいくつかの国には、飲食店のウエイトレスの対応やホテルのメイキング、タクシーの利用などにチップを渡す習慣がある。

そして同様のことは、海外から日本に旅行に来る外国人にも言える。日本にはチップの習慣はないが、その代わりに「Only


 



普段、サッカーやフットサルをやっている僕ですが、テニススクールに入会してみました。もちろん今まで一度もテニスの経験なんてありませんが、そんな僕が感じたテニスのメリットを書いてみようと思います。

初心者だけどテニスを始めるメリット



 



夢の舞台、ワールドカップは終わってしまった。日本代表はグループリーグで負けてしまったが、実は夢だったのだと思っている。長い夢だ。

さて、Googleがワールドカップを総括するかのように、ワールドカップ期間中にされた検索結果を公開している。Googleのtwitter公式アカウント「@google」では、W杯期間中に最も検索された選手をポジション毎に発表し、Googleなりのベストイレブンとしているようだ。


 



この動画は今から5年前にYouTubeに投稿されたもので、日本のとあるテレビ番組をアメリカのニュース番組「CNN」が取り上げたものです。

動画の中のニュースキャスターは最初に、日本では何かを決めるときにジャンケンが利用されることを紹介し、その後、日本のテレビ番組で放送された「叩いて被ってジャンケンポン」の動画の紹介をします。


 



岩手県が輩出する有名人には、原敬、新渡戸稲造、宮沢賢治に代表されるように、昔から政治家や学者、作家が多かったが、いわゆる、エンターテイメントよりで活躍するようなテレビタレントはあまり輩出していない。

しかしインターネットが普及している今、岩手というローカルな環境で活躍している加村真美という女性がネットで話題になりつつあるという。加村さんは、岩手のローカルアイドルユニット「chairmans(チャーマンズ)」のリーダーとして活躍している現在21歳の女性で、2013年に1000年に1人の美少女として話題になった橋本環奈さんのポストとの声も上がっているという。


 



ドメインを衝動的に購入する癖があります。

かつて、ダンスボーカルグループ「フェアリーズ(fairies)」が結成されたニュースが流れたと同時に衝動的にドメイン「fairi.es」を購入したかと思えば、何を思ったか「鈴木.net」というドメインも購入したことがありました。


 

世の中の事件性を鑑み、「脱法ドラッグ」という呼称は「危険ドラッグ」という呼び名に変更された。これは、ドラッグの危険性を世の中に認知させるための警察庁と厚生労働省の取り組みで、自身のホームページで新しい名称の意見を募集していた。その結果として決まったのが「危険ドラッグ」という訳だ。このネーミングになった理由は、脱法ドラッグが危険であることの認識を強めたいかららしい。

そのまんまじゃねぇか。


 

家電量販店に行くと、やはり憧れのMacBook Airを手にとって見てしまう。あの軽さと薄さが魅力的でたまらないのだ。よりポータブルなipod