t f r
^
このエントリーをはてなブックマークに追加
12 follow us in feedly

 



夢の舞台、ワールドカップは終わってしまった。日本代表はグループリーグで負けてしまったが、実は夢だったのだと思っている。長い夢だ。

さて、Googleがワールドカップを総括するかのように、ワールドカップ期間中にされた検索結果を公開している。Googleのtwitter公式アカウント「@google」では、W杯期間中に最も検索された選手をポジション毎に発表し、Googleなりのベストイレブンとしているようだ。


 



この動画は今から5年前にYouTubeに投稿されたもので、日本のとあるテレビ番組をアメリカのニュース番組「CNN」が取り上げたものです。

動画の中のニュースキャスターは最初に、日本では何かを決めるときにジャンケンが利用されることを紹介し、その後、日本のテレビ番組で放送された「叩いて被ってジャンケンポン」の動画の紹介をします。


 



岩手県が輩出する有名人には、原敬、新渡戸稲造、宮沢賢治に代表されるように、昔から政治家や学者、作家が多かったが、いわゆる、エンターテイメントよりで活躍するようなテレビタレントはあまり輩出していない。

しかしインターネットが普及している今、岩手というローカルな環境で活躍している加村真美という女性がネットで話題になりつつあるという。加村さんは、岩手のローカルアイドルユニット「chairmans(チャーマンズ)」のリーダーとして活躍している現在21歳の女性で、2013年に1000年に1人の美少女として話題になった橋本環奈さんのポストとの声も上がっているという。


 



ドメインを衝動的に購入する癖があります。

かつて、ダンスボーカルグループ「フェアリーズ(fairies)」が結成されたニュースが流れたと同時に衝動的にドメイン「fairi.es」を購入したかと思えば、何を思ったか「鈴木.net」というドメインも購入したことがありました。


 

世の中の事件性を鑑み、「脱法ドラッグ」という呼称は「危険ドラッグ」という呼び名に変更された。これは、ドラッグの危険性を世の中に認知させるための警察庁と厚生労働省の取り組みで、自身のホームページで新しい名称の意見を募集していた。その結果として決まったのが「危険ドラッグ」という訳だ。このネーミングになった理由は、脱法ドラッグが危険であることの認識を強めたいかららしい。

そのまんまじゃねぇか。


 

家電量販店に行くと、やはり憧れのMacBook Airを手にとって見てしまう。あの軽さと薄さが魅力的でたまらないのだ。よりポータブルなipod


 

 

人生で一番最初に全巻揃えた漫画が、週間少年ジャンプに連載されていた「ダイの大冒険」でした。人気RPGであったドラゴンクエストの漫画ということで、一部の男子を虜にしテレビアニメ化までされましたが、テレビ放映は、大人の事情のために中途半端に終わってしまいました。

ドラゴンボールやワンピースに代表されるように、ジャンプの人気作品はゲームソフトとして発売ますが、もし、ダイの大冒険がゲームとして復活したらどのようなゲームになっていたでしょうか?こちらの動画は、そんな願望をRPGツクールで叶えてしまったものです。そのあまりの完成度の高さは脱帽ものです。


 



プログラミングに特化したQ&Aサイト「teratail(テラテイル)」というサービスが正式にリリースされたらしい。

プログラミングに特化した知識共有サービスといえばQiitaを連想するが、ユーザー主導でプログラミングに関するコンテンツを投稿していくとい点では同じようだ。ユーザー登録すると自分用のマイページが持てるのだが、その中で、自分が関心のあるタグを登録したり、気になる記事をストックしていくことができる点も同じだ。エンジニア向けらしく、どちらもMarkdown記法に対応している。


 

こんなにも世の中にスマートフォンが普及したのに、その扱いがスマートじゃないこと山の如し。ここに、スマートフォンをスマートに手に取ることだけに命を懸けている男の動画がある。あまりの命の懸けぶりに朝日新聞の記事にもなった程だ。



この動画は2012年の6月にアップされたものなのですが、これまでに再生された回数は120万回を突破。特に海外からの評価が高いよう。動画を作成した時点で、男が工作したスマートフォンをスマートに取る装置「仕込みiPhone」は3台を数えるのだが、この男のブログによると、2013年には「仕込みiPhone4号機&仕込みiPad」が開発され海外で人気になっているとのこと。


 



Googleは、インターネットの中の世界も、いやそれだけではなくインターネットの外でも世界を征服しようとしているが、どちらかというと、本業であるインターネットの中の世界に暗雲が立ち込めていた。検索エンジンという仕組みの覇権をとったことで、インターネットの世界にぶら下がるWEBサイトの入り口として、コンテンツ配信者の頂点に立ったのであるが、誤算だったのは、コンテンツを消費するユーザー側の覇者としてFacebookが登場してきてしまったことだ。そのことにより、WEBサイトやブログなどの情報発信サイトにはGoogleを使えばリーチできのだが、個人同士がWEB上で発信する会話レベルの情報には、Googleで検索したところでたどり着くことができない。

その問題を解決する方法は、GoogleがSNSとしても覇者になることなのであったが、グーグル発のSNSはこれまで失敗の連続だった。先日、Googleが最初に世に送り出したSNS「Orkut」が9月30日に終了することを発表したが、それまでにも、2009年にリリースした「Google


 

Googleの公式アカウント「@google」がワールドカップのベストイレブンを発表している。


Here


 



google+が実名登録のポリシーを廃止し、匿名でも好きな名前を登録できるようになったということで、新しいアカウントを匿名で登録してみました。

名前の登録には名前と苗字の2つが必要で、そこは以前と変わっていません。匿名「メタルスライムゾンビ」のうち、メタルスライムが苗字で、ゾンビが名前になっています。


 



人気はともかくとして、世界で最も利用者が多いプログラミング言語はPHPでしょう。動的なWEBサイトを作ることを主な目的として作られたPHPは、現在のWEBシステム主流な世界において、習得も比較的簡単で、HTMLなどのデザイン側に容易にロジックを追加できるため、最も需要のあるプログラミング言語となっています。クラウドソーシングなどでも需要が多いのがPHP関連でした。

世界で最もシェアを持つCMSであるWordPressがPHPを採用しているのも、PHPの需要を大きくしている大きな理由でしょう。そんなPHPの現在の安定バージョンは5.6ですが、次期バージョンの5.7はかなり性能が向上するらしい、という記事が公開されていました。このPHP


 

グーグルが提供してくれる「googleトレンド」は、世界各国の今、最も検索されているキーワードをランキング形式で確認することができる機能だ。ユーザーとしては現在の流行を知ることができ、サービスを供給したい企業は、今の需要を知ることができるツールとして活用できる。

そんなgoogleトレンドにタイル形式のUIが登場しているということで確認してみたが、カラフルな色とキーワードが目まぐるしく変化するタイルスタイルは近未来的な感じがする。しかし、あまりのチカチカさに、しばらく見ているとすぐにお腹いっぱいになってしまった。タイルの数は左上の設定から変更することができる。