そうだ!うなぎを食べに伊東に行こう。名店「まとい」に行って来た。




伊豆に行くついでに、伊東によってランチを食べてきました。

伊東・伊豆には一本で行ける


首都圏から伊東・伊豆方面に行くには、特急伊豆急下田行きに乗ると便利。

乗車券の他に特別券が必要ですが、自由席だと車内で買うことができます。注意しておきたいのは、下田行きの車両と修善寺行きの車両があって、熱海で行き先が別れますので、目的地にあった車両に座りましょう。間違っていても切符チェックの時に車掌が教えてくれると思うけどね。

※あと休日だと混むので、もしかしたら東海道線のグリーン車の方がくつろげるかも。

▼大船からだと片道900円。

▼湘南エリアからだと一時間前後で伊東まで行けるよ!

伊東駅

伊東駅に到着!
東海道線の終着駅として「伊東」という名前をたまにみるが、街自体は思ったほど大きくなかった。

ヤシの木が南国チック。
東京の緯度は35.4度くらいで、伊東は34.5度くらいだから、1度も南国。ちなみに鹿児島は31.3度、沖縄は27度くらいね。

おすすめランチを調べる

伊東駅に着いたから、さっそくタブレット端末でネットに接続しておすすめランチを調べてみる。


うなぎのまといというお店が1位だった。
駅から遠くないので、ここに決めた。歩いて10分はかからない距離。


大きな地図で見る

うなぎのまといに到着

▼雰囲気のいい店構え。

▼看板もいい感じ!

▼外にあるメニュー。お持ち帰りもやってる。

▼この日は待たずに入ることができたけど、12時前なのに結構なお客さんが来ていたみたい。

▼店内のメニュー

▼半丼もあるよ。

▼お店の感じ

▼うなぎといったらビールでしょ。そりゃ飲むでしょ。電車で来たから大丈夫でしょ。

▼うな重の並を頼んだ。肝吸いとおしんこが付きます。うなぎはふっくらとして美味しく頂けました。今度着たときは、「上」を頼んでみようと思う。

おまけ

お店の向いには、古き良き日本を感じられる建物がありました。
どうやら「東海館」という伊東温泉を提供してくれるお店で有名なところみたいです。

▼そんなに高くない。

▼手湯はただだよ。

▼同じく、食べログで5位だったお店「五味屋」は行列ができてました。

多くの人が「食べログ」や「ぐるなび」の情報を参考にお店を選ぶようになりました。飲食店という業界もWEBの発達によって、流行る店と廃れてしまう店の濃淡がはっきりと現れている業界といえるでしょう。

あなたもスマホ片手に家を飛び出して、グルメを探しに行ってみよう。

いい感じ!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!