香川真司、タグ・ホイヤーのCMで苦手な英語を噛みまくり照れる。




香川真司選手といえばサッカー日本代表の背番号10番を背負う中心選手ですが、そんな香川選手は、2016年6月23日に、スイスの高級時計メーカーのタグ・ホイヤーのアンバサダー(広告親善大使)に選ばれている。

香川選手をアンバサダーに選んだ理由としては、日本を飛び出し海外のリーグでプレーする香川選手の常に挑戦を続け、道を切り開くスタイルがタグ・ホイヤーのスタイルと共通することからだというが、そんな香川真司が英語のCMに挑戦している動画を見つけたので紹介したい。

いわゆるこれは、タグ・ホイヤーのCMのメイキング映像なのだが、英語を噛みまくり照れる香川選手を見ることができる。「何回もチャレンジしていいですか?」と言っていることから、何度も取り直しているに違いない。

別のインタビューでも英語を話す香川選手の様子を見ることができるが、相手の会話を聞き取って自分の意見を英語で言えているので、一般的な日本人よりも英語が上達しているように思われる。

サッカーと英語力、香川選手のさらなる活躍に期待したい。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!