ダライ・ラマ法王14世が日本のコンビニでお買い物中




dalai-lama

ダライ・ラマ法王14世が京都のコンビニで楽しそうに買い物をしている様子が、自身のgoogle+アカウント(+DalaiLama)に投稿されています。


ダライ・ラマ法王14世は、4月6日から4月18日までの間、日本に滞在する予定で、7日には仙台で「東日本大震災神道祈りの会」に出席し、画像が投稿されたこの日は講演のために大阪・京都に滞在していたようで、この後は高野山に滞在して帰国するようです。

google+のアカウントの投稿には、ハッシュタグ#japanや#tibetなども使われており、投稿の内容を見ると、どうやら本人自身が投稿しているのではなく、付き人が広報活動の一環としてSNSを利用しているようです。

コンビニのレジ横にあるファストフードに、興味津々な顔をしているのが印象的でした。

ちなみにダライ・ラマとは、大海を意味するモンゴル語の「ダライ」と、師を意味するチベット語の「ラマ」とを合わせたもので、チベット仏教の最上位に位置する名称でモンゴル語の称号に由来します。このダライ・ラマは継承制で代々名前が受け継がれるものとのことです。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!