JR東日本はSuicaのあなたの移動履歴データを販売しています。




知ってましたか?

JR東日本が保有している、あなたが利用したSuicaの移動データが外部会社に提供されていることを。データ提供は、あなたの申請でのみ取り消すことができ、申請がなければそのまま外部に提供されます。

現時点では、7月26日~31日の6日間で8823件の利用拒否申し出があったということなのですが、Suicaの発行枚数が4300万枚であることを考えると、まだまだ知らない人が多いんじゃないかと思います。

なんで提供するの?

各ユーザーの属性(性別、年代、地域等)と行動履歴を分析することは、マーケティングにとって非常に有用です。分析の結果、そのデータを有効活用することができた会社は、よりよい商品を設計することができるでしょうし、ユーザーはその恩恵を受けることができるかもしれません。

何が問題なの?

利用者に無断で利用履歴を販売していたことが問題視されているようです。

販売されるSuicaの利用履歴データは、
「乗り降りした駅」
「利用額」
「生年月」
「性別」
「カード番号を暗号化したもの」
が外部に提供されます。

提供されるデータ自体は、カードを特定するIDが暗号化されているため、データ単体では個人をダイレクトに特定するものではありません。

しかし、Facebookなどの普及により、年月日や性別、住んでいる地域などの個人情報が簡単に手に入る昨今、例えば、悪意の人がデータを手に入れたとして、さらに、Suicaのユーザーが乗り降りの少ない駅の利用者だとすれば、SNSの個人情報を重ね合わせることで、個人の移動履歴が透けて見えるリスクが懸念されています。

JR東日本は、データ提供先とは契約により、他のデータとの紐付けを禁止しています。契約により禁止しなくてはならないといことは、つまり、他のデータとの紐付けにより個人情報として移動履歴が推測される可能性があるということです。

どうすればいいの?

提供を解除する方法が、2つあります。

1.SuicaIDをメールアドレス「jogaiyobo@jreast.co.jp」に送信する。

2.SuicaIDを電話番号03-5334-1655に電話して伝える。
(土日祝日を除く平日10時~17時まで)


・SuicaIDは、カードの裏面に記載されているJEから始まる番号。
・いずれも9月25日までに連絡すること。
・原則としてご連絡をした翌月以降のデータの提供から除外される。

ネットでのコメント

・これからは切符買おうぜ。
・俺はPASMOに引っ越した。
・デフォルトで使用許可されてるってのが、いかにも大手らしい。

ちなみに、「Suica に関するデータの社外への提供についてよくいただくお問い合わせ」は、こちらになります。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!