2014年の桜の開花予想は平年並み。関東はやや遅いという予想




日本気象協会が、2014年の桜の開花予想を発表しました。

今回の発表は今年第一弾の予想で、昨年と同じように2月の後半や3月に入ってからも第2弾、3弾の発表はあると思いますが、現在の予想では、

「各地は概ね平年並みで、四国と九州は早め、東日本は遅め」

との予想。

(1) 概況
2014年の桜(ソメイヨシノ)は、3月中旬に高知で開花し、九州も春分の日の頃に咲き始めるでしょう。各地の開花日は概ね平年並みで、九州から関東南部は3月下旬、関東北部や北陸は4月上旬、東北は4月上旬から下旬、北海道はゴールデンウィーク頃からとなる見込みです。

(2) 本文
桜の開花は、前年の秋から開花日までの気温が影響し、晩秋に冷え込み、春先に暖かくなると開花が早くなります。昨年の晩秋は九州から北陸にかけて冷え込みが強まりました。この先、2月から4月の気温は平年並みか低い予想ですが、暖かい日が数日続くような時期もある見込みです。各地の桜の開花日は概ね平年並みで、四国と九州は昨年の晩秋の冷え込みで桜の花芽が休眠から順調に目覚めたとみられ平年より早い所があるでしょう。一方、関東は3月に予想される低温の影響で、平年より遅い所がある見込みです。
見頃は、福岡は3月末から、広島、大阪、名古屋、東京は4月のはじめ頃からとなりそうです。

▼今年の桜前線は、
kaika-yosou-2014

▼目が粗いが2013年はこちら。
kaika-yosou-2013

今年は去年の同じ時期と比較して、3月25日の桜前線が低く関東・東海地方が遅い印象。4月10日の前線は北関東・南東北にかかっていてこちらも遅い。北東北以降は去年と同じくらいだ。

参考:

リンク:2014年桜開花予想(第1回)
リンク:日本気象協会


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!