ワンピースの映画「ONE PIECE FILM Z」を見てきたゼーット!!




ワンピースの映画「ONE PIECE FILM Z」を見てきたゼーット!!

僕は映画を見に、映画館に行く方ではない。

前回、映画館に行ったのは、facebookがモチーフになっている「ソーシャルネットワーク」を見に行ったときで、もう2、3年も前だし、映画はhuluとかでオンラインでも見れるしね。

だけど今回は久しぶりに映画館に足を運んだんだ。
というのも、今回は映画館に足を運ぶ価値があるかなぁ、と思ったから。

僕がワンピースのファンってこともあるけど、あなたもワンピースのファンなら足を運ぶ価値はあるかもしれないね。

それは、なぜかって?

あなたがこの映画を見たほうがいい理由を、3点ほど紹介する
ゼーット!

メリット1.映画館に足を運んだ人しか手に入らない「海賊の宝箱」が貰える

今回の映画「ワンピースフィルムZ」では、入場者特典として「海賊の宝箱」という、コミックス千巻などのプレゼントがもらえる。

こちらのグッズは、映画館単位で数量限定なので、欲しい人は在庫をチェックしてから見に行った方がいいかもしれないね。

▼こんな感じで、シアターの入り口で映画館スタッフが待ち構えている。もちろん、一人一個だ。

▼「海賊の宝箱」の袋にはこのように書かれている。

”海賊の宝箱”には映画に関する重大なネタバレが含まれております。映画を観てから開けることをお勧め致します。と。取り扱いには要注意だ。

▼ワンピースコミックス千巻
前作の映画では、0巻が配布されていたそうだけど、今回は千巻だ!

▼千巻では、映画の作中に出てくるキャラクター設定などが解説されている。

▼それ以外のグッズは、すごろくやスタンプ、ポストカードにオリジナルシール・カードが入っているぞ。

▼映画館には、記念プリクラもあった。思い出にどうぞ?

ちなみに、この「海賊の宝箱」は、既にyahooオークションに出品している人がいる。

それだけでも、もとがとれちゃう?

2.ジャンプやコミックにない情報がある

映画「ONE PIECE FILM Z」には、ジャンプやコミックのストーリーではまだ登場していない重要な事実が登場する。

▼また、主題歌は親日家でドクロ好きな、アヴリルラヴィーンだ!

▼エンディング曲はこんな感じ。

今回の映画では、エンディングのエンドロールもしっかり見ることをお勧めする。
それは、なぜかって、それはね・・・、ถ้าหากว่า อยากรู้ อะไร ไป ถึง ดู หนัง กันเถอะ 。

3.コンテンツの勉強になる

インターネットの普及によって、僕たちは情報発信をする機会が増えた。
また最近では、facebookやtwitterなどを利用する人が増えたことで、日本人総クリエイター時代に突入したと言っても過言ではない。

それぞれが、それぞれの想いを持って言葉や画像・動画を選んで世に発信する。その目的は、リツイートによるシェアだったり、「いいね!」だったり。

つまり、みんな、フォロワーや読者の心を揺り動かすような言葉や画像を生み出したいんだ。

そのような心を動かすコンテンツを勉強するのに、映画は最高峰の題材だといっていい。なぜなら映画は、何億という製作費を投資をして作られているのだから、それを上回る額の興行収入を得なければならない。

そのために、言葉やストーリーのプロが、どのようなコンテンツを作ったら人は感動して「いいね!」と思ってくれるか、人の心理を研究し尽くしてコンテンツが作られている。

あなたは、なんでワンピースが好きなんだろう?
それは、麦わら海賊団のストーリーが笑いあり・涙ありに包まれているからではないだろうか?

ルフィー、ゾロ、ナミ、チョッパー、etc・・・それぞれのキャラクターに子供の頃のストーリーが背景として描かれていて、一つでもそのストーリーの喜怒哀楽に心を揺り動かされたなら、あなたはその瞬間にワンピースのファンだ。

ハリウッドなどの映画とは違って、ワンピースの場合は連載物なので、様々なところから読み始めた読者もファンになるように、定期的にキャラクターの過去のストーリーが喜怒哀楽に満ちた形で描かれている。

同じように、スラムダンクもキャラクターの過去のストーリーに喜怒哀楽を描写して人気を獲得した漫画と言えるだろう。

また、最近では、音楽に2分間のストーリーを乗っけることで、人気に火が付いたミュージックビデオがある。

ということで、コンテンツの勉強も兼ねて、ワンピースの映画を見に行こう

ゼーット!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!