熱過ぎるサポーター!ギリシャサッカーのスタジアムがまるで火災




中田英寿がイタリアセリエAペルージャにいた頃、セリエAのスタジアムに持っていたイメージは、日本よりも過激なサポーターとスタジアムのところどころで見られる赤い発炎筒だった。

しかし、どうやらギリシャサッカーのサポーターはもっと過激のようだ。

この動画は、ギリシャサッカーリーグの1位と2位を走るオリンピアコスとPAOKの国内カップ戦の準決勝の試合前の映像。いわゆる、国内の強豪同士の絶対に負けられない一戦なのだが、スタジアムがサポーターの手によって、まるで火の海になっているのだ。

▼選手が入場する前は、ところどころで発炎筒が見られる。
paok-olympiakos-toumpa1

▼ところが選手達が入ってくると、文字通りサポーター達に火がつく。
paok-olympiakos-toumpa2

▼気づけば、火はスタジアムを囲っていた。
paok-olympiakos-toumpa4

▼熱狂するスタジアムとサポーター。
paok-olympiakos-toumpa3

▼発炎筒は、スタジアムの芝生の中にも投げ込まれている。
paok-olympiakos-toumpa5

▼スタジアムの外から見ると、まるで大火災。
paok-olympiakos-toumpa6

もしこんなアウェーな環境で日本のクラブチームが試合をしたら、どうなってしまうのだろうか?


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!