日本のパスポートのビザ無し入国ランキングは世界第4位。




3606405765_144a54fcbf_b

「日本のパスポートは世界的に最も信頼されている」

という言葉はよく耳にする話です。多国籍の集団で海外旅行に行って、何事もなく入国審査をスルーしたのが日本人だけで、他国の人は少しの時間を要し、中東アジア出身の人はかなりの時間を要した。という逸話は、日本のパスポートと日本人が世界的に信用されていることを表現した、よい例えです。

もっともこの場合、日本人は英語ができないから、どうせ入国させても大丈夫だろうと、さっさと通されたという皮肉もあるのかもしれませんが。

以下の一覧は昨年2013年に調査された、世界中の各国のパスポートを使用して、ビザ無しで入国できた国の数をランキングしたものです。

passports-ranking

この調査結果によると、ビザ無しで入国できた国の数が最も多かったのは、フィンランド、スウェーデン、英国の3カ国で、219の国の中173の国にビザなしで入国することができているようです。

日本のパスポートの場合は170の国にビザ無しで入国でき、この数はRank4(4番目に多いランク)に位置します。同じRank4には他には、カナダ、フランス、アイルランド、ノルウェー、ポルトガル、スペインが入っていますが、アジアの中では日本が一番高いランクでした。

一方で、最もビザ無しでは入国できなかったのは、アフガニスタンで28カ国。次に少ないのはイラクで31カ国、パキスタンとソマリアは32カ国でした。

この結果から分かった事は、日本のパスポートは世界の多くの国で信頼されているということ。北米、北欧も日本と同じ水準で世界をパスできること。そして、世界には海外旅行をすること自体が大変な国がたくさんあるということでした。

日本のパスポートを持っていることが、ありがたく思えますね。

via : Which passports are most accepted around the world?


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!