天空の城ラピュタに登場するラピュタ語「バルス」の意味が明らかに




raputa-barusu

日本人が大好きなラピュタ語バルスの意味を考えてみた。

読み 単語 意味
バルス buls

バルス以外のラピュタ語

作中で出てくる以下のセリフたちをヒントにしてみよう。

ムスカのセリフを参考にしてみる。
「ウルはラピュタ語で王。トエルは真(まこと)。君はラピュタの正当な王位継承者、リュシータ王女だ。」

つまりこう。

読み 単語 意味
バルス buls
ウル ul

次に、シータの祖母のセリフを参考にしてみる。
「そうだ。シータ、いいことを教えてあげよ。困ったときのおまじない。リテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。我を助けよ。光よ甦れ、という意味なの」

残念ながらラピュタ語のヒントはこれ以外に見当たらなかったが、ここからバルスの意味を推測する。

推測

「トエル」という単語は英語のtrueと似ており、文法的にSVOCのスタイルをとるゲルマン系の言語と推測。

また、シータの祖母のセリフを聞く限り、
「リテラトバリタウルス / アリアロスバルネトリール」と区切っている。

なので、
「リテ・ラトバリタ・ウルス = 我を助けよ」
「アリアロス・バル・ネトリール = 光よ甦れ」
と推測できる。

この文章をSVOで分けて単語をあてはまめると以下のようになる。

「リテ(我) ラトバリタ(請う) ウルス(救済) アリアロス(接続詞) バル(光) ネトリール(蘇れ)」

つまりこう。

読み 単語 意味
バルス buls
ウル ul
ウルス uls 救済
バル bul

ここで一つのことに気づく。

単語の先頭にbが付くと否定、反対語になるのではないか?

ウルス(uls)「救済」 <=> バルス(buls)「滅亡」
バル(bul)「光」 <=> ウル(ul)「王」
※王とは支配者の意味。支配される者にとっては闇を意味する!

つまりこう。

読み 単語 意味
バルス buls 滅亡
ウル ul
ウルス uls 救済
バル bul

結論

だから、滅びの呪文バルスは「滅べ」と叫んでいたんですね。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!