これがアハ体験ならぬ、アヘ体験できる画像だ!




人間の目(脳)は動きがあるものには鋭く対応するようにできていると聞く。逆に、時間をかけて緩やかに変化するものに対しては、人間の脳はいとも簡単にだまされてしまう。

そのような脳の仕組みを利用して某テレビ番組では、ゆっくりと変化していく画像をパネラーに見せて、変化した場所を回答させるというコーナーが人気を得ているようで、そのことを「アハ体験」と呼んでいるようだ。

確かに、毎日鏡の中に映る自分の顔は、年月をかけて緩やかに変化するものだから、自分では違いに気づきにくい。

それでは、急激に変化し続けるものを見た場合に、脳はどうのようになってしまうのか?

アヘ体験しよう

動画SNS「Vine」の6秒で動画がループし続けるという機能を利用して、永遠に変化し続ける動画がある。

この動画を1分くらい見続けてみてほしい。そして、パッと視線を普通に戻してみよう。そうすると、グニャグニャした世界が目の前に広がっているはずだ。そうだ、この体験のことを「アヘ体験」と名づけよう。

アヘアヘフヒハ!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!