Amazonによる人類補完計画は進行中のようだ。




amazon-doron

Amazonによる、ある種の人類補完計画が進行中のようだ。

アマゾンジャパンの発表によると、2014年6月3日より、Amazonにて中古車のネット販売が開始されている。これは、中古車販売のネクステージがアマゾンに出店するという形で提供され、販売される車は分かりやすく「33万」「44万円」「55万円」という3つの価格に固定して販売されるという。これでまたAmazonで揃う商品が増えたことになる。

Amazonの人類補完計画

Amazonによる人類補完計画とは、全てのリアル店舗が無くなり、顧客はお店に行く代わりに全ての商品をAmazonで決済するようになることだ。

21XX年、人類の住む一部のエリアでは、まともに呼吸すると健康に害を及ぼす環境に汚染されており、また、それよりも広いエリアでは、中長期的に生活すると健康に害を及ぼす程度の環境汚染が広がっている。残りの大部分のエリアの環境は正常だけれども、人口が集中する生活エリアには、何かしらの環境汚染が残っており、人は外に出たがらない時代になっているだろう。

そのような土地には集中的にAmazonの物流ネットワークが築かれており、世界中の健全な土地から生産された農作物や製品は、ロボットにより分散・自動化された倉庫に商品が集められ、ドローンのような小型無人航空機が分配から配送までを行っている。

「あっ、そうなると、外に出ないから自動車必要ねぇ!」

いや、その時代の車はもちろん自動操縦で、近代的に作られた家では、極力外気に触れることなく、家の車庫から直接外に出られ、自動車自体にも特殊な空気清浄フィルタが付いている、そんな時代はくるのだろうか?


Amazonの目標は、リアル店舗を無くすことであることにある。

Amazon社員「我々のミッションは世の中にあるリアルショップをすべて無くすこと。それも10年以内に」


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!