あなたのアプリがアンインストールされる7つの理由




appli-icons

全国3,280万人のアプリ開発者のみなさん、こんにちは。

WEBサービスと比較してアプリの利点といえば、メールよりも気軽に送れるpush通知とおっしゃるかもしれませんが、もしかして、ユーザーになんでもかんでもpush通知を送付すればいいとおもってやいませんか?

アメリカの解析会社の調査によると、インストールされたアプリがアンインストールされる最大の理由は、「うっとおしい通知機能(annoying notifications)」にあるという結果が出ているようです。

annoying-notifications

また別の調査では、課金ユーザーの25%は解約を忘れていたり、めんどくさいという理由で解約を先延ばしにする傾向にあるそうですが、そのようなユーザーに対してアプリの存在を思い起こさせるきっかけになるのも、通知機能の存在です。

定期課金モデルの場合、このようなユーザーに対しては、サイトやアプリでのアクティブ率をログから計測しておいて、サービスでの利用履歴がないユーザーにはpush通知やメールを送らないという手法が有効です。

他のアプリのアンインストールとなる要因については、以下のとおり。

1位:うっとおしい通知機能(Annoying notifications)
2位:登録が複雑(Complex registration)
3位:フリーズする(Freezing)
4位:UI/UXが悪い(Bad UI/UX)
5位:うざい広告(Intrusive ads)
6位:プライバシー問題の懸念(Privacy concerns)
7位:強制的なソーシャルログイン(Forced social logins)

フリーズやデザインの悪さより、「ウザさ」が前面に出た結果となりました。

あなたのアプリは大丈夫?

via : アプリがアンインストールされる7つの理由


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!