ApacheのWebサーバーシェアが50%を下回る




インターネットリサーチ会社NetcraftによるWEBサーバーシェアの調査結果によると、「ApacheのWebサーバーシェアが50%を下回った」らしい。

ご存知の通りApacheはWEBサーバーの雄(ピーク時は70%のシェアがあった。であり、LAMP(Linux/Apache/MySQL/PHP)と言われれば、WEBエンジニアの必須スキルの構成要素だった。

しかし、昨年の記事「LAMPの次はGUNDAMの時代だって?」にあるように、Apacheが時代遅れになり、NginxやNode.jsなどの高パフォーマンスなWEBサーバーに置き換わる方向に遷移していくのは、何ら不思議じゃない。クラウド環境が自動でWEBサーバーを設定する時代だ。

と思ってグラフを見たら、Apacheの代わりにシェアを伸ばしたのはMicrosoftのIISだった。自分の周りにはIISを扱うエンジニアを見たことがないので、これは驚きの結果だったんだけど、海外では割とMicrosoftよりのエンジニアは多いのだろうか?


参照:Netcraft調査結果より

ネット上では、

・apacheはバグだらけでa patch serverと呼ばれてる。
・apacheは肥大化し過ぎた。
・グーグルやアマゾンのクラウド環境におまかせの時代。
・RubyやPython、Perlなんかは、フレームワークから言語ライブラリに同梱されたWEBサーバーを呼び出して使ってる。
・フロントではパフォーマンスの高いNginx、バッグにApacheという環境もあるから、データだけでは一概に言えない。

という声が見られたが、あなたの環境のWEBサーバーはどうでしょうか?


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!