バックトゥザフューチャー2の未来まであと少し、続編よカムバック!




4月1日エイプリルフールの日、世の中では、様々なWEBサービスが話題を提供してインターネットを盛り上げてくれました。その中でもボクが実現して欲しいと思ったのはGoogle Noseでした。

「Google Nose」あなたも単にエイプリルフールでしかなかったのですね?

そして、もう一つ実現して欲しかったエイプリルフールネタが、バックトゥザフューチャーの続編の復活。

こちらはユニバーサルミュージックの公式Facebookページに掲載されたバックトゥザフューチャー4の公開を予定したカバー画像なのですが、残念ながら、というかやはり、エイプリルフールネタでございました。
(※カバー画像は、4月1日限りだった。)

時同じくして、techcrunchに掲載された「フランスで無人ドローンによる新聞配達を5月から開始」という記事。

この中で紹介されている「空飛ぶ新聞配達ロボット」が、バックトゥーザフューチャー2に出てくる「ペット散歩ロボット」のイメージと重なって、こちらは実現可能か?と思ったのですが、残念ながら空飛ぶ新聞配達ロボットもエイプリルフールネタですた。

▼空飛ぶ新聞配達ロボット

▼バックトゥーザフューチャーのペット散歩ロボット

バックトゥーザフューチャー2で描かれた未来「2015年」まで、あと2年。だけど、来て欲しくない。

だって、このままではback to the futureの未来の技術に追いつかないから。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!