3月21日はtwitterの誕生日を記念して日本では祝日になっています




twitter-in-japan

今日3月21日は、twitterの誕生日ということで、その記念日として日本では祝日になっている。

twitterはご存知のとおり、140文字以内の短文を投稿できるSNSサービスだ。創業者のジャック・ドーシーの言葉によると、ツイッターの基本構想を最初に思いついたのが2000年6月。そして、その後、6年間の下準備や開発期間を経て2006年7月に正式に世の中に公開された。

その開発過程の中で意味を持つ日が今日、3月21日で、開発者のジャック・ドーシー(@jack)が最初にツイートした日、つまり誕生日なのだ。


「just setting up my twttr
(今ちょうど、twitterの設置をしているところだ)」

このツイートこそが、twitterというシステムが世の中に産声を上げた瞬間だった。

アメリカ生まれのtwitterは今や世界中にユーザーがいるが、twitterにとって日本人は大切なパートナーだ。なぜなら、天空の城ラピュタの「バルス」や「あけおめ」ツイートなどの秒間ツイートが新記録を樹立したように、twitterにおける世界記録トップ5を日本が独占しているからだ。

日本人にとって、もはや欠かすことのできなくなったtwitter。
今日、3月21日はその誕生を祝った休日なのです。

「twitter、誕生日おめでとう!」

(追記)
後の調査の結果、3月21日はtwitterの誕生日のために祝日なのではなく、春分の日のために休みになっているとのことです。訂正してお詫び申し上げます。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!