ブログサービスのアクセスユーザー数比較




日本のブログを運営する大手サービスにおいて、それぞれのアクセスユーザ数は以下のようです。

ブログ名 2010年6月時点 2011年6月時点 増減(%)
FC2ブログ 40,190 46,733 16%
ライブドア ブログ 24,730 33,427 35%
アメーバブログ 28,266 32,237 14%
Seesaaブログ 16,093 25,507 58%
Yahoo!ブログ 14,255 16,195 14%
ココログ 13,291 15,338 15%
はてなダイアリー 11,290 13,347 18%
Blogger 8,566 13,005 52%
goo ブログ 13,090 12,818 -2%
JUGEM 12,357 12,722 3%
エキサイトブログ 11,278 11,738 4%
楽天ブログ 9,506 10,494 10%
So-netブログ 8,082 9,557 18%
BIGLOBE ウェブリブログ 7,640

※ユーザ数は、1000単位。

日本のインターネットユーザーはブログ閲覧に割く時間が引き続き世界最長クラス

俯瞰すると、

全体としては、
gooブログを除いてはそれぞれでユーザ数が増加しているようです。
ただし、サービス自体は無料のため、大きな理由がない限りユーザはアカウントを削除することはないことを考えると、10%前後の増加率であれば実際のアクティブユーザ数に大きく変化はないのではと思います。

そのような状況のため、多くのブログサービスは横ばい状況にあり、少数のサービスが大きくユーザー数を伸ばしているという見方ができるかと思います。

アカウント数の3強は、
FC2ブログ、ライブドアブログ、アメーバブログで、FC2ブログが頭一つ出ています。
FC2ブログやライブドアブログはアフィリエイトプログラムが豊富なため、副収入を狙ったユーザが複数アカウント作っていることの影響していると思われます。

増加率の3強は、
seesaaブログ、Blogger、ライブドアブログのようです。
googleが運営しているBloggerやアフィリエイターに人気のあるサービスが上位に来ているようです。

はてなダイアリーは、
既存の「はてなダイアリー」と平行して「はてなブログ」を昨年2011年にローンチしており、はてな社として、これからブログに力をいれていくことを明言しています。

昨年はSNSなサービスが賑わいを見せていましたが、ブログサービスもまだまだ伸びている分野です。

ほとんどのブログサービスがSNSとの連携をしていますし、SNSはブログにとって変わるものではなく、SNS×BLOGはお互いの長所短所を補完して共存していけるサービスなのだと思います。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!