世界の登録ドメインランキングベスト10 世界の4割は.comだった。




アメリカのインターネットインフラ企業であるベリサイン(WEBサービス運営者にとってはSSL製品でお馴染みですね)が、2012年最終四半期のDomain Name Industry Brief(ドメイン名業界概要報告)を公開しています。

資料pdfのダウンロードは、こちら

世界の登録ドメイン数ベスト10

資料によると、2012年終わりまでに登録されているドメインは2億5千万を数え、その中でも.comドメインの登録数は1億ドメインを超えていてるそう。

つまり、世の中に存在するドメインの約4割は.comで、ダントツ1位だ。

▼登録ドメインのランキングTOP10は以下の通り。

順位 ドメイン
1 .com
2 .de(ドイツ)
3 .net
4 .tk(トケラウ)
5 .uk(イギリス)
6 .org
7 .cn(中国)
8 .info
9 .nl(オランダ)
10 .ru(ロシア)

意外だったのは、汎用ドメインの.netよりも.de(ドイツ)の登録数が多いことと、普段あまりみない.tk(トケラウ)という国家ドメインが上位にあること。

▼トケラウはこんな島

トケラウという国は南太平洋にあるニュージーランド領の諸島らしいんだけど、その理由はドメイン登録料が無料であることらしい。
いつも格安セールをしている.infoが8位だから値段が安いドメインに登録が集まるのは納得できるが、そういうドメインってスパム利用に利用されて価値を落とされないか心配。

▼国別のトップレベルドメイン(ccTLD)に限定したランキングは以下。

順位 ドメイン
1 .de(ドイツ)
2 .tk(トケラウ)
3 .uk(イギリス)
4 .cn(中国)
5 .nl(オランダ)
6 .ru(ロシア)
7 .eu(ヨーロッパ連合)
8 .br(ブラジル)
9 .au(オーストラリア)
10 .fr(フランス)

▼青色の部分が.comドメイン

国別コードトップレベルドメインは、ドメインコードを利用して作られた「Country Codes on the World」が視覚的に世界地図にマップしてくれていて便利。文字の大きさは登録ドメイン数ではなく、人口に比例してます。

.comはドメインの王様

世界的にはURLを設定するときに利用されるドメインは.comがダントツみたいだけど、個人的にはサイト名やサイトコンセプトにドメインコードを利用したURLにグッとくる。

例えば、googleの短縮URLサービスの場合は、グリーンランドのドメイン「.gl」を利用してgoo.glだし、ビットリーはリビアのドメイン「.ly」を利用してbit.ly。このようにドメインコードをうまく利用してURLを作ってるWEBサービスはモダンだなと思ってしまう。

あとは、オンライン自己紹介サービスのabout.meはURLだけでサービス概要を表現が出来てしまってるし、チャットサービスのsocket.imは、インスタントメッセージを意味する「im」のドメインを利用することでサービス概要を表してクールだ。現在の時刻を表示してくれるWEBサイトtime.isは、そのURLに哲学すら感じる。

しかし、Facebookやtwitter、Googleなどの主要サービスを筆頭に、世界の4割が.comであるようにドメインの王様は「.com」のようだ。

ソーシャルブックマークサービスである「del.icio.us」が米国Yahooに買収されて、「delicious.com」にドメインが変更されてしまったように。

del.icio.usの方がかっこいいと思うのに。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!