スマホ版「ドラゴンクエスト8」の発売が決定。課題は仮想十字ボタンの操作性か?




dq8-eye

先日、スクエニがリリースしたスマートフォン向け情報アプリ「ドラゴンクエスト ポータルアプリ」。そのアプリ配信を記念して、通常500円で発売予定のドラゴンクエスト1を先着100万ダウンロード限定で無料配信していた。

待ちに待ったドラクエのアプリ化ということで、わずか1日たらずで100万ダウンロードを達成してしまい、無料ダウンロード期間を12月10日まで延長。結局12月2日時点で300万ダウンロードを超えていると言う。

ドラクエ1はドラクエ8のための客寄せパンダ?

今回スクエニがリリースしたアプリというのは、ドラゴンクエストというゲームアプリ自体ではなく、ドラゴンクエストの情報を配信する情報アプリだ。

アプリをダウンロードしたユーザーは、情報アプリからドラクエの最新情報やキャンペーン情報などを取得したり、今回のドラクエ1のようにゲームを起動することで、ゲームをプレイできるようになる。まさにポータルアプリ。

そして、そのポータルアプリをダウンロードしてからわずか数日後、いきなりスマホ版のドラゴンクエスト8を配信するというニュースがアプリを通じて飛び込んできた。

このあまりも出来すぎたタイミングのために、ドラクエ1の無料配布は話題集めとアプリダウンロード数を増やすための施策で、はじめからドラクエ8を2800円で売ることが目的のような気がしてくる。というかそうだろ(笑)

image_0

ドラクエシリーズの課題は操作性か?

先行して発売されたドラクエ1についての評価で、好評なのは、
「縦画面のプレイに対応しているので、片手でもプレイしやすい。」
ということらしい。

一方で不評なのは、
「ゲームの難易度が易しくなっていること。」と、
「仮想十字ボタンの操作性の悪さ。」
だという。

スマホ版ドラクエでは従来のボタンの代わりに、タッチパネル上に表れる仮想十字ボタンを操作することで行うんだけど、確かに自分でいくつかゲームで遊んでみても、思った通りにタッチが反応しないということが何度もあった。

これは、ファミコン版の会話の操作性が「北」「南」「東」「西」のように不便だったのを仮想的にあらわした「スクエニエフェクト」なんだと決め付けていましたが、やっぱりみんな操作性には不満があったようです。

ドラクエ8の仮想十字ボタンはドラクエ1の4方向から倍の8方向になっているようなので、操作性は向上していることを願いたい。

▼ドラクエ1の仮想十字ボタンは4方向だけだった。
image_21

▼ドラクエ8の仮想十字ボタンは8方向に対応しているみたい。
dq8-1

プロモーション映像

公式サイトのオープンと並行して、スマートフォン版『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』のプロモーション映像もYouTubeで公開したようなので、購入を考えている人は、発売までのモチベーションアップのために見ておくといいかもしれません。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!