早速ドラクエポータルからアプリ版ドラゴンクエスト1で遊んでみた




1986年5月27日にドラゴンクエストⅠがこの世に誕生してから、遡ること27年と半年。世界のRPGを牽引してきたドラゴンクエストがiOS、Android向けのアプリとして、2013年11月28日0時よりドラゴンクエスト ポータルとして復活しました。

同じくRPGのスクウェアのファイナルファンタジーシリーズは、既にアプリ化には積極的でしたが、当時ライバル同士だったそのスクウェアとエニックスが合併して、SQUARE ENIXとして作品をリリースしていることに時代の流れを感じます。

ドラクエポータルアプリの発売を記念して、初代ドラゴンクエスト(通常価格500円)が先着100万名まで無料でダウンロードできちゃいます。100万×500円=5億円分の大盤振る舞い。今のうちにダウンロードしておきましょう。

ドラゴンクエスト1のキャッチコピーは「今、新しい伝説が生まれようとしている」。アプリ「ドラゴンクエスト」の新しい伝説が今ここに始まろうとしている。

さっそくダウンロード

▼待ってましたと28日0時を過ぎて「ドラクエ ポータル」で検索してみるが、見当たらず、次の日の朝、もう一度検索してみたら、あった!

image_8      image_9
    

▼ドラクエ1のダウンロードはドラクエポータルアプリを一旦ダウンロードして、ポータルアプリからアプリ内課金という形で遊ぶことができます。「ENIX」ではなく「SQUARE ENIX」になっているのが時代の流れを感じますね。

image_14      image_15

▼復活の呪文じゃなく冒険の書。小さい字も入れられるよ。

image_17      image_18

さぁ、冒険に出かけよう

なんか勝手に呼びつけられて冒険に行けという、身勝手な国王。
image_20

バーチャルカーソルで勇者を動かします。
image_21

宝箱「小銭」「たいまつ」「かぎ」の3つだけで、頑張れってか?
image_0

いまどき「たけざお」って、小学生でも使わない。
image_1

呪文、学校で習ってない。
image_2

しょぼいステータスだぜ。
image_3

いつでも中断できるのが、せめてもの救い。
image_4

部屋から出て行くのに早速、宝箱にあった「かぎ」を使わせるケチな国王。
image_5

屋根のない街。
image_6

これから、前途多難な冒険が始まろうとしている?


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!