こりゃ駄目だ。My EMOBILEで通信量を確認してみたら、簡単に10GBを超えそうだった




これまで通信量制限のなかったEmobileのGL06Pなどの端末も、2014年5月から通信制限が開始されました。

制限となる通信量は持っている端末で異なるのですが、皮肉なことに低スペックの端末の方が上限値が高く、GL06Pの場合は、24時間で300万パケット(約366MB)、1ヶ月で10GBを超えると通信制限の対象となります。

サービス種別 制限(日) 制限期間(日) 制限(月) 制限期間(月)
EMOBILE 4G 前日までの3日間のご利用通信量が839万パケット(約1GB)以上 当日6時から翌日6時まで 7GB 月末まで
EMOBILE LTE、3G 24時間ごとのご利用通信量が300万パケット(約366MB)以上 当日21時から翌日2時まで 10GB 月末まで

実際に、10GBを超えた後のGL06Pの通信制限の使用感は、こちら

My EMOBILEにアカウントを作る

現時点までに実際にどのくらいの通信量を使っているかは、My EMOBILEから確認することができます。

My EMOBILEを利用するためには、My EMOBILEのアカウントを持っている必要があって、これまでMy EMOBILEを使ったことのない人はアカウントがないはずなので、新しく作る必要があります。

My EMOBILEのアカウントを作るためには、以下の3つの情報が必要です。

1.emobile端末に割り当てられた電話番号

wifiルーターとして利用している場合は普段意識することはないですが、あなたのemobile端末には電話番号が割り当てられています。

この番号を知るためには、Emobile設定ツールをインストールする必要があって、設定ツール自体は、emobile端末をUSBでPCに接続するとインストールできるでしょう。

Emobile設定ツールを立ち上げると右側に、設定ツールログインのユーザー名とパスワードを入れるフォームがあるのですが、admin/adminで入ることができました。

ログインすると基本情報という項目に電話番号が表示されていますので、ここから確認することができます。あるいは、emobile端末の電話番号は契約書類にも記載されていると思います。

emobile1

2.ネットワーク暗証番号

これは契約時に決めた4桁の暗証番号です。

3.ICCID

ICCIDは、8981000から始まる数字コードで、これはお手持ちのEmobile端末の中にあるUSIMカードに記載されているので、すぐにでも確認できるでしょう。

通信量の確認

この3つの情報があると、アカウントを作ることができます。アカウントが無事作られると、@emobile.ne.jpで終わるメールアドレスを取得することができ、このアドレスがログインIDとなります。

作ったアカウントでMy EMOBILEにログインすると、左側の

「オンラインサポート>請求情報照会>当月分通話・通信量概算照会」

から通信量を確認することができます。

emobile2

で実際に僕のGL06Pの5月1日~5月8日の通信量は以下のとおりでした。

emobile3

5月1日~5月8日という8日間(7日とちょっと)で、79,745,160パケット。

この通信量の表示はバイト数ではなくパケット数で表示されるようです。また、1日単位の使用量は表示されません。

さて、Emobileによる上限値の指標によると、
「300万パケット : 336MB / 日」
とのことなので、ざっと単純に1ヶ月として30倍すると、
「9000万パケット: 10080MB(10,08GB) / 月」
となります。

10GBの通信をしたときに流れるパケット数は約9000万のようです。

ぼくはこの8日間で、79,745,160パケット使っています。ちょっと桁が多そうですね、1,10,100,1000・・・、えっ、もう既に約8000万パケットも使ってしまっているようです。

一ヶ月の1/3も過ぎていないのに、8000万/9000万のパケット。

ちなみに先月の1ヶ月間の利用パケット数は約3億6千万パケットでした。上限値を4回転くらいしている量です。

emobile4

順調に通信パケット数が伸びると、今日・明日にも通信制限に引っかかりそうな勢いです。pocket wifiでやっていける自信がなくなりました。

ちなみに僕は、ipod touch2台、タブレット、PCを1つのEmobile端末で利用しているのですが、このくらいのヘビーユーザーはEmobile端末1台だと厳しそうです。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!