おまえは、Facebookリアルタイム検索を知っているのか?




thefacesoffacebook1

現在の日本においてSNSの中心にいてユーザーを先導しているのは、Facebookとtwitterといっていいだろう。(LINEはクローズドなメッセージングサービスだ。)

最新のユーザー数では、Facebookの月間のアクティブユーザー数が2,100万人、twitterは、PCでの月間ユニークユーザー数が2,175万人という結果が出ているが、単純計算だと日本の6人に1人がこれらのサービスを使っていることになる。

もちろんこの数字には、1人で複数アカウント運用していたり、法人やキャラクターのアカウントの数も含まれる訳なのだが、それらを差し引いても日本が高齢化社会であるように、多くのシニアはターゲットユーザーではないし、あなたが今パッと頭に浮かんだ田舎のおっちゃんやおばちゃんがSNSを使っている姿が想像できないだろう。

つまり、この2,000万超という数字には大いに偏りがあって、病院の待合室に毎日いるようなSNS非ユーザー層の人たちと、あなた方のように学校に通っている人やパソコン世代の社会人のようなSNS世代の人たちでは、普段の生活で交わることはあまりないように、6人に1人という数字以上に、SNS利用者の周りにはSNS利用者がうごめいている。

廊下ですれ違ったあの人も、切符購入している後ろに並んでいるあの人もtwitter、facebookユーザーだ。

2つのSNSの使い分け

普段、Facebookとtwitterを中心にSNS活動しているあなたは、上手にこの2つのサービスを使い分けている気になっているかもしれない。

twitterでは自分の好きなニックネームを利用し、趣味・嗜好があるフォロワーとバカなことを言い合って戯れる。その一方で仲の良い身内だけをフォローした別アカを作って新しい担任の悪口を言う。

Facebookは、あなたのリアルな出会いの総決算だ。知人しか知らないローカルネタや、やってしまった失敗談やあなたの今を切り取ったセルフィ満載だろう。

そしてこう思っている。「大丈夫、うまくやれている。」

Facebookリアルタイム検索を知っているのか?

おまえは、Facebookリアルタイム検索を知っているのか?

確かtwitterは、右上の検索窓からキーワードを軸にしたリアルタイムなタイムラインを取得できる、それは正解だ。それでは、Facebookは? 実はFacebookも、キーワードを軸にしたリアルタイム検索を簡単に見ることができる。その場所はおなじみのyahooだ。

ヤフーのトップページは通常のウェブ検索や画像、動画検索と並んで、リアルタイム検索が存在する。この検索機能は、twitterとfacebookに投稿されたコメントを入力したキーワードで検索してタイムラインとして表示することができるものだ。

内輪ネタのつもりでFacebookに投稿したあなたの変顔は、ヤフーを通じて簡単に日本中から見ることができるのだ。まさかと思った人は、Facebookに自分が投稿したコメントをキーワード入力に、検索してみるといいだろう。

twitterはパブリック、facebookはプライベートと決めて投稿していたはずだったのに、実態はどちらもインターネットに対する全体公開だったのだ。

これまでのFacebookにとっては、ユーザーのプライバシーの安全が多少脅かされようが、サービスが盛り上がるためには全体公開させた方がいいと思っていたのだろう。しかしとうとう、プライバシーの保護を求める声には勝てなかったようだ。

Facebookは、5月22日からの新規ユーザーを対象に、公開範囲の初期設定を「一般公開(全体)」から「友達のみ」に切り替えた。逆を言うと、これまでのFacebookユーザーは、公開範囲設定を適切に管理していない限りtwitterと同じ全体公開のままだ。

もう一度言おう、おまえは、Facebookリアルタイム検索を知っているのか?

参考:

リンク:5大ソーシャルメディアのユーザー数まとめ!Facebook、Twitter、LINE、Google+、YouTube
リンク:Facebook、投稿の共有範囲を初期設定では「友達」に
リンク:LINE、Facebook、Twitterのプライバシー設定を見直そう


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!