いいね!に現代の職人魂を見た




Facebookがついにナスダック市場に上場し、世の中はさながら、大航海時代ならぬ大公開時代になってきました。

ライフログを写真やテキストにして、共有する。
あなたはの日々の生活は、「いいね!」に値すべき出来事やイベントを探すようになる。

だけど別に、あなた自身が「いいね!」になってもいいんじゃないか?
それを可能にしたのが、このアイテムだ。

Facebookのwebサイトと同じ、親指をたてた「いいね!」のカフスボタン。
サイズは0.75×0.5インチで、ステンレス製。

パリッと着こなしたスーツから覗くワイシャツにとまった、「いいね!」の親指。
誰もがあなたに釘付けだ!

likable cufflinks

いい感じ!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!