失敗のススメ ~あなたのその失敗に、おめでとう~




まいど!

残暑、どうお過ごしですか?

って、テレビも残暑、残暑って言ってたけど、残暑という言葉を使うのは悲しいよね。夏が行ってしまうみたいで。

By: ND!

僕は夏が好きなんで、夏が行ってしまうなら、そのまま太陽を追いかけて南に行こうかな(笑)って思ってます。

今の仕事が終わったら、太陽を追いかける生活をしてみるのもいいかな。

ロンドンオリンピックも終わって、日本勢の活躍に僕自身も大いに楽しませてもらいました。(サッカーの時は、ほとんど寝れなかったよw)

今回メダルを獲得した人、残念ながらメダルを逃してしまった人、様々いると思いますが、競技後の彼らのインタビューを聞いて感じたのは、
オリンピックのような大会に出る人は、

共通してあるものを持っている!

ということです。

そのあるものとはなんでしょうか?

そのあるもの、



それは自信です。

サッカーの本田圭祐選手のインタビューなんかでも、感じますよね。

答えがシンプルすぎますか?

でも、根っこからの自信を持っている人って、
あなたの周りに何人いるでしょうか?

周りの常識をもろともせず、自分の非常識を貫く。

これが、俺のスタイルだ!

ってな具合に。

人から見たら非常識・変態的なことを、自分のスタイルとしてやり抜く。
絶対的な自信がなきゃできないよね。

じゃあ、そのような絶対的な自信を持つには
どのようにしたらいいのでしょうか?

自分なりに考えてみました。

絶対的自信を身につけるために必要なこと、それは、

「失敗」

にあると思います。

どういうことかというと、

「絶対的自信」は「成功体験」を積み重ねることが必要です。

そして、

「成功体験」は「失敗」を積み重ねることが必要です。

よく、こういうことが言われます。

一番契約を取ってくる営業マンは、一番契約を断られている営業マンです。

一番ナンパに成功する人は、一番ナンパに失敗している人です。

同じように、
オリンピックに出場する選手は、その競技で一番練習をしている人で、一番失敗している人しょう。

1つの失敗であきらめないでください。

失敗とは、もう既に成功の一部です。
失敗とは、成功の中に組み込まれたプロセスです。
失敗とは、たくさんある道から、成功につながる道への選択枝を狭めるものです。

例えば、A、B、Cという道がありました。

あなたは、Aという道を選びました。
しかし、その道は成功に辿り着ける道ではありませんでした。

その数ヵ月後、同じような選択を迫られる場面に出会いました。
しかしあなたは、Aという道が成功に辿り着けないことを知っていたので、
Bという道を選びました。

しかし残念ながら、その道も成功に辿り着ける道ではありませんでした。

また、その数ヵ月後、同じような選択を迫られる場面に出会いました。
しかしあなたは、Aという道とBという道が成功に辿り着けないことを知っていたので、Cという道を選びました。

Cという道を歩いている時、AとBの時と感覚が違う感じがしました。
この感じは、なんだろう?

気がついて見ると、あなたは成功に辿り着いていました。
Cは成功に続く道だったのです。

あなたのその失敗に、おめでとう。

いい感じ!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!