メールアドレスを知らなくてもGmailからGoogle+経由でメール送信が可能に




gmail-google-plus

googleが相手先のメールアドレスを知らなくても、相手がGoogle+ユーザーであればGmailからメール送付できる機能を付けることを発表しています。これは、GmailとGoogle+の統合に向けた施策の一つだそうです。

この機能は段階的にリリースを開始し、近日中に全ユーザーで利用できるようになるとのこと。

Google+を普及させる施策?

GoogleにとってGoogle+は大本命のSNSです。それまでGoogleはいくつもSNSを失敗させてきましたから、グーグルの名前を含んだ「Google+」はその本命度が伝わります。さらにはGoogle+に統合するという目的で、いくつものgoogle関連のサービスが終了してきました。

だけど、いまだにFacebookには追いついてない。画像はinstagramで、動画はVine。

なんかやばくね?ここらで一発Google+登録施策打っておきますか?

そんなgoogleの声が聞こえる気がする。

携帯キャリアメール以外のフリーメールアドレスで最もよく見かけるアドレスは、Gmailだと思ってますが、この膨大な数のGmailユーザーをGoogle+ユーザーに取り込むことができれば、Google+にとっての起爆剤になるでしょう。

そういえば、流行っているGoogle関連サービスの機能の使用にGoogle+アカウントを必要にする施策は、YouTubeのコメント機能で実証ずみでしたね。

こんなケースで使用されそう

google+はわりと紳士なソーシャルメディアです。そこに流れるコメントはtwitterのように激しく荒れることなく、Facebookと同様に本名と自分の顔写真を公開して利用している人の割合は多いです。

その一方で、自分の趣味や住んでいる場所などをサークルで公開したりと、Facebookよりも面識のない人と繋がれる要素が多くあります。

google+で好みの顔や相手の趣味、住んでいる地域などを見定めて、メール交換用途で利用する人たちが増えることが予想されます。

いい意味でも、悪い意味でも人と繋がる機会は増えるかもしれません。

相手にメールアドレスバレるの?

とりあえずバレません。

受信したメールに返信した段階で初めて相手にメールが通知されます。

また機能の有効化にはオプトアウト方式を採用されています。デフォルトでは機能は有効のままですが、機能リリース時にGoogleが送付するメールに従い、連絡できる相手の範囲を絞る、あるいは完全に無効化することで、今までどおりのGmailを使用できそうです。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!