グーグルが「Google Domains」というドメイン管理サービスを開始




google-domains

日本のWEB関係者がドメイン取得をするときに真っ先に思いつくレジストラは、お名前.comだろう。そして、お名前.comで扱っていないドメインを購入するときは、バリュードメインなどのサービスをしているはずだ。

そのライバルとなるのだろうか?グーグルが、カスタムドメイン登録サービス「Google Domains」なるサービスをテスト公開しているようだ。現時点ではテストフェーズのため、招待を受けた人だけが利用できる。

このGoogle Domainsというサービスは、ドメインを取得して、そのドメインでWEBサイトを構築し、必要であれば、サブドメインやメールアドレスを作成するという、all in oneなサービスのようで、この中にメールサポートやDNS設定、Whois情報公開代行までも含まれる。

サイト構築には、HTMLやプログラミングの知識がなくてもクリックでサイトが構築できる「Shopify」「Squarespace」「Weebly」「Wix.com」などの外部サービスによりサイトを構築し、それをGoogleが管轄するサーバーで運用するというスタイルのようだ。

そう考えると、ドメイン取得のみを目的とするお名前.comの競合になるというよりは、ロリポップのような、ドメイン取得からWEBサイト(ブログ)構築ホストまでを提供しているサービスの競合になるのだろう。

同じドメイン名でもレジストラによってその年間維持費が異なってくるが、価格次第では、簡易的にサイトを構築するサービスの主力になるのかもしれない。何よりもサービスが熟成していくにつれ、他のGoogleサービスとの連携も考えられることが魅力的だ。

参考:

Googleと同じDNSが使えて機能満載の独自ドメイン登録サービス「Google Domains」開始へ


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!