Google+がプロフィールページに閲覧数の表示を開始




twitterは、ツイートに対する閲覧数が表示される機能を試験導入していますが、Google+の方がその機能を、一足早く一般公開したようです。

▼表示前
google-plus-view-count2

▼表示後
google-plus-view-count3

この閲覧数は、google+のプロフィールページを表示すると確認することができますが、値は「プロフィールページの閲覧数と、これまで投稿したコンテンツの合算数」になっているようです。

twitterもしかりですが、投稿されたコンテンツの閲覧は、あなたのフォロワーをはじめ、第三者がリツイートやシェアをすることで、フォロワーのフォロワーにも伝播します。あるいは、埋め込み機能を利用して、外部メディアに表示されていることもあるでしょう。

そのような理由のため閲覧数は、あなたのフォロワーの数と比較して、概ね大きな数字が出るのではと予想しています。そして、そのことがgoogleやtwitterが閲覧数の表示を始めた理由の一つで、多くの人に閲覧されているという投稿者側の承認欲求を刺激することで、投稿のモチベーションを高めて、投稿者・投稿数を増やすための施策だと思われます。

ちなみに、閲覧数の表示は、設定ページの「プロフィールとコンテンツの閲覧回数を表示する。」のチェックを外すことで無効化できます。

参考:

Google+、プロフィールページに総コンテンツ閲覧回数を表示


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!