google readerがついに逝った!googleのお墓には一際多くの献花が。




google readerがついに逝った!

7月1日から少し時間を空けて、ついにgoogle readerが天に召されたようだ。元のURLにアクセスすると、壊れたロボットが表示されるだけである。まるで壊れたおもちゃみたいに、URLは確かにそこにあって、名残はあるんだけど、google readerはもう動かない。昔のようにもう、情報を表示してくれない。

2004年~2013年、享年9歳。
ライフサイクルの早いWEBで9年は、人間で言ったら60歳あたりと言ったところか。

googleの墓標に行くと、一際数多く花が献花されているお墓が見える。Google Readerだ。花の数が、非常に多くの人に愛されたサービスであったことを物語っている。

早すぎる。多くの人が生存を望んでいた。署名で未来を変えるプラットフォーム「change.org」では、世界中の多くの人がgoogle readerの延命を望んでいた。しかし、その声は届かなかったようである。

諸行無常。今、あなたにこの言葉を送ろう。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!