googleストリートビューにアンコール遺跡が追加されたぞ!




これで、家に居ながら旅行できる場所の候補が増えたようだ。

グーグルマップの公式ブログによると、Googleストリートビューに表示される場所に、アンコール遺跡が追加されたようだぞ。

google-street-view-angkor-wat1

アンコール遺跡群は、カンボジアの北西部にある遺跡で、ユネスコの世界遺産に登録されていることで有名で、日本人にとっても旅行地としておなじみの場所だ。主な遺跡としては、スーリヤヴァルマン2世が建立したアンコール・ワットやジャヤーヴァルマン7世が建立したアンコール・トムが有名。

wikipediaを見てみると驚くべきことに、アンコール・ワットはヒンドゥー教の遺跡であり、アンコール・トムは仏教の遺跡なのだ。これは、アンコール王朝の歴代の王が信奉する宗教がヒンドゥー教、大乗仏教、ヒンドゥー教と変遷したからであるらしい。

さぁ、googleストリートビューで、歴史を感じさせるアンコール遺跡に旅立とう。

入り口は、こちら

2013年6月以降、グーグルはGoogle Mapのストリートビューの拡充のために、バックパック型のストリートビュー専用の撮影機材「トレッカー」の貸し出しを行ってきた。

この機材によって、空撮や車では撮影できない場所の旅行が可能になっている。これからもどんどんバーチャル旅行地を増やしていってくれるに違いない。

via : Wander through Angkor’s thousand-year-old temples on Street View


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!