確認して! 「Google XML Sitemaps」の仕様が変更されている。




wordpress-logo

sitemap.xmlは、GoogleやBingといった検索エンジンにサイトの構成情報を的確に通知し、効率よくインデックスしてもらうために必要な機能です。

このsitemap.xmlは、サイトの成長に伴いファイル規模が大きくなるため、手動での更新が難しくなっていきます。そのため、sitemapの更新を維持するために、自動化の仕組みを導入するのが一般的です。

CMSにおいて世界最大のシェアを持っているWordPressでは、sitemapの自動化のツールとして「Google XML Sitemaps」というプラグインが有名で、このプラグインを使ってsitemapを自動生成しているサイトがたくさんあります。

しかし、どうやら確認してみると、自分のサイトの場合は2014年3月30日以来、sitemapが更新されていない症状が出ていることに気づきました。

「Google XML Sitemaps」の仕様が変更されている

Google XML Sitemapsの場合、サイトマップのURLは特に指定がなければ、
http://(your-domain)/sitemap.xml
に生成されています。

どうやらGoogle XML Sitemapsの旧来の仕組みは、「sitemap.xml」「sitemap.xml.gz」という名前のファイル名をルートディレクトリに自動生成することで動いています。FTPツールなどでファイルのタイムスタンプを確認すれば、あなたのsitemap.xmlが現在も活動中か確認できるでしょう。

もし記事を更新しているのにもかかわらず、タイムスタンプが過去の日付のままになっている場合、Google XML Sitemapsの仕様の変更にトラップされているかもしれません。

プラグイン製作者の公式ブログでは、「Google (XML) Sitemap Generator New Sitemap Format」というタイトルでアナウンスしていますが、sitemap.xmlのフォーマットが変更され、またxmlファイルの生成方法も変更されているようです。

具体的には、

・1つのsitemap上に、インデックスすべきエンドURLが一覧されるのではなく、sitemap.xmlに月単位でまとめられたsub-sitemapが一覧され、sub-sitemapにエンドURLが紐づく形式で表現されるようになっています。これにより、一つのファイルが肥大するということを防ぐことができます。

・これまではsitemap.xmlというファイル実体を自動更新していましたが、新しいバージョンでは、ファイルの実体は作らずに動的に生成されます。

古いsitemap.xml

google-sitemap-before

URL Priority Changing Last modified
http://www.blog.com/post1/ 100% Weekly 2011-12-18 21:12
http://www.blog.com/post3/ 100% Weekly 2011-12-19 21:56
http://www.blog.com/post3/ 100% Weekly 2011-12-20 12:34
http://www.blog.com/post5/ 100% Weekly 2011-12-21 15:29
http://www.blog.com/archives/ 100% Weekly 2011-12-22 16:12
http://www.blog.com/authors/ 100% Weekly 2011-12-22 17:56

新しいsitemap.xml

google-sitemap-after

http://www.blog.com/sitemap-pt-post-2011-08.xml 2011-08-12 19:45
http://www.blog.com/sitemap-pt-post-2013-01.xml 2013-01-18 12:38
http://www.blog.com/sitemap-pt-pages-2013-01.xml 2013-01-18 21:64

対処方法

古いバージョンで作られたsitemap.xmlが残っている場合、そちらの方が優先されて表示されてしまうため、今回の症状のように、更新されないsitemap.xmlが表示されてしまいます。

そのため、sitemap.xmlおよびsitemap.xml.gzを削除、またはいきなり削除が不安な方はリネームしましょう。

また、別な方のブログでは、対応方法としてはプラグインを古いバージョンに戻すという方法を取っている方もいるようでした。

もし 「Google XML Sitemaps」を利用しているのであれば、とりあえずsitemap.xmlを確認してみましょう。

参考:

プラグイン改定履歴


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!