プログラミングを習得し、時間的自由と経済的自由を手に入れよう




「私がFacebookで働いていて嫌いな10個のこと」
(Ten Things I Hate About Working at Facebook)

なるタイトルの記事が話題を呼んでいるようです。

10のことのトピックは、

1.commit/shipされるコードが多い
2.ミーティングが少なすぎる
3.ザック(ザッカーバーグ)が干渉しすぎる
4.短期収益への注力が足りない
5.飯が良すぎる
6.エンジニアの決定が多すぎる
7.ハッカソンで作り出されるアイディアが多すぎる
8.モバイルとプラットフォームの注力方針が完璧に間違っている
9.ニューヨークのオフィスには浴槽があり、そこで採用面接が行われる
10.社内での信頼関係が過剰

日本語訳をした方の記事があるので、詳細はそちらをご覧ください。

「私がFacebookで働いていて嫌いな10個のこと」が面白い

このFacebook内部の現状を書いたのは、Facebookで働くwebディレクターらしいのですが、

どうやら、
「webディレクター < webエンジニア」
の内部事情が気に入らないようです。

ご存知のとおり、アメリカはエンジニア天国です。

医者、弁護士、ソフトウェア開発者ってな具合に、ソフトウェア開発者はいい社会評価、報酬が与えられています。

例えば、「ニューヨーク市長自らプログラミングの学習を公言」したり、「子供にプログラミングを教える」ことが流行っていて、ソフトウェアやプログラマーに対する理解、地位はますます高まる一方です。

日本はどうでしょう。

ITゼネコンっていう言葉があるように、大手が受注し、中規模会社が中抜きし、小規模会社が開発するという構造が出来上がっています。

だから、実際に手を動かすソフトウェアエンジニアが在籍している会社は、

「中抜きれ、少なくなった予算」「大手や中抜き会社のプレッシャー」に耐えながらの開発を余儀なくされます。

結果、ソフトウェアエンジニア、辛れぇ~。

という情報が蔓延し、ソフトウェアエンジニアになりたい人がなかなか増えません。

しかし、この構造は、数年以内に崩れていくことになると思います。

なぜなら、

経済活動の単位が会社から個人
にどんどん移っていて、その傾向は
IT業界が先行して影響を受けているからです。

具体的には、ITに関する仕事って、主にシステムを作ることがメインですが、
クラウドという言葉が広がっているように、システムの多くがWEB化されてきています。

そして、WEBサービスを製造するのに必要な土台は、個人レベルで揃える事ができます。

ネットワークに繋がったパソコンが1つさえあれば、

1.プログラミング
ただで始めることができます。学習さえすれば。

2.サーバー
サポートなどが充実した安定したサーバーが、1000円前後で用意することができます。
少し前までは、ある程度の規模になるとデータセンターなどに多額なお金を月単位で支払う必要がありましたが、今はその必要はありません。

3.表示デバイス
WEBというものは標準化されているので、ブラウザが搭載された全てのデバイスに表示することができます。
ATMのように専用の表示機なんか必要ありません。

4.総務・経理
個人や数人程度でやるなら、書籍で勉強しながらのレベルで十分対応できます。在庫はないし、初期費用やランニングコストはほとんどかかりません。

5.営業
ソフトウェアビジネス業を始めるエンジニアにとっての壁は、営業でしょう。
しかし、個人単位でエンジニアを募集する、
@soho
お仕事市場エンジニア
ランサーズ
croud works
のようなサイトが増えてきたことで、その壁が取り除かれつつあります。

最後に

もし、どこかに勤めてプログラムを書くのではなく、自分自身で稼ぐためにプログラムを書きたいのであれば、以下の動画を見てください。

この動画は、作るだけでなく、稼ぐに焦点をあてた
「プログラマー学校」
の動画です。

少し長いですが、プログラマやエンジニアが今の時代、どのようにすれば生き抜くことができるか。
そして、経済的自由&時間的自由を手にできるかのヒントが語られています。

動画を見終わったら、5分間考えてみてください。

あなたは、自分の知識やスキルを会社のために使いたいですか?
それとも、自分のために使いたいですか?

▼もし、プログラマー学校に興味があったら、ご覧下さい。

プログラマー学校

プログラミングを楽しみながら、自由なスタイルで仕事をする人が増えればいいなと思っています。

いい感じ!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!