画像マーケティングのためにInstagramのバッジをサイトに埋め込もう




あなたの中で、instagramは画像アプリという認識はないだろうか?

否。

instagramは、今やアプリだけでなくWEBを舞台に戦っている。
あなたがinstagramのアカウントを持っているなら、

http://instagram.com/(あなたのアカウント名)
というURLで、instagramのWEB版にアクセスできるだろう。

たとえば、
サッカーブラジル代表カカのURLは、
http://instagram.com/kaka
で、
お笑い芸人バカリズムのURLは、
http://instagram.com/bakarhythm

人気コーヒーブランド、スターバックスのURLは、
http://instagram.com/starbucks
だ。

instagramバッジをサイトに埋め込んで、あなたのページに誘導しよう

instagramはWEB戦略を加速しているようだ。

WEB版がリリースされたのは、つい先日のことなのだが、今度は各サイトやブログなどに埋め込めるバッジをリリースしてきた。

もし、あなたのサイトに、このリリースされたばかりのバッジを組み込めば、
サイトに訪れたユーザーを、あなたのinstagramのページへと導くことができるかもしれない。

手順はいたって簡単だ!

step1 : 以下へアクセス

▼アカウントのBadgesページにアクセスしよう。
Badges Instagram

step2 : バッジのサイズを選択

▼次に、サイトに埋め込みたいバッジのサイズを選択しよう。
5種類から選択できる。

step3 : コードをコピー

▼css&htmlコードが表示されるので、コピーしよう。

step4 : コードをペースト

最後に、表示したい場所にコードを貼り付ければ完了だ!
▼以下のようなボタンをサイトに貼り付けることができる。


※ボタンを押すと、僕のinstagramページに飛びます。

tips

デフォルトのボタンのリンクでは、あなたのサイトからinstagramのサイトにページが移ってしまう。
それが好まない場合は、貼り付けたコードの中のaタグに「target=”_blank”」を追加して、別ウィンドウで表示されるようにしよう。

物販を扱うブランドこそ、マーケティングに画像SNSを利用すべき

なぜ、ここにきてinstagramはWEB展開を急いでいるのだろうか?

それは、Pintarestというサイトが、画像を利用したブランディングや画像を利用したマーケティングの可能性を示してしまったからではないかと思う。

例えば、僕もお世話になっている、世界的なアパレルブランドのZara.comのpinterestは、こんな感じだ。


zara pinterest

各アイテムと、それを試着したモデル。
その画像に「いいね!」をするユーザー。
その「いいね!」に反応するソーシャルグラフ(SNS上の友人)により、さらに拡散。

視覚的なコンテンツを持つ企業にとっては、自社の持つ商品をアピールする、優れた場になっているのではないだろうか?

まとめ

画像SNSは、
企業にとっては、自社の持つ商品をアピールするのに打ってつけのツールになる。

一方、
個人にとっても、自分の趣味や嗜好・生活スタイルを視覚を利用することで、自己ブランディングをより力強く行うことができる。

さぁ、あなたのサイトにも、instagramバッジを埋め込もう!

いい感じ!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!