iPhoneのズーム機能の解除に悩む。アクセシビティのアクセシビティ。




iPhone(ipod touch)にはズーム機能というの機能があることを、あなたはご存知だろうか?

TOP画面から、

「設定>アクセシビティ>ズーム機能」

と移動すると発見できるその機能は、アクセシビティというカテゴリの中にあるように、視覚的に細かい文字や画像などが見ることが困難な高齢者・障害者などのために用意された機能だ。

しかし、これがなかなか曲者だった。

設定したのに解除できない

ズーム機能とはなんだろうと興味本位で機能を「ON」にすると、表示しているページが全体的に拡大した。なるほどこういう機能かと思い設定を戻そうとしたが、戻すことができない。

どういうことかというと、

表示されている箇所が拡大したということは、つまり、拡大されていない部分が表示されなくなるわけで、その表示されていない部分に設定アイコンがあるため、設定画面に戻れずに機能を「OFF」にできないのだ。

設定したのに解除できない


実はこのズーム機能、ディスプレイを3本指でダブルタップすると元に戻すことができる。そのことは機能の説明にもはっきりと書いてあるんだけど、ユーザーは結構、そんなところまでしっかり読まずに使い始める人が多い。

そして、機能をONにして設定画面を離れてしまうと、アイコンの位置によっては設定アイコンに戻れないために、指を3本同時に使うという操作方法を想定できるはずもなく、戸惑ってしまう。

アクセシビティ機能とは、誰もがサービスなどを支障なく利用できるようにする機能のはずなのに、高齢者・障害者のためにズーム機能は用意するにしても、3本指で操作するというところまで、行き着くだろうか?

ちなみに、電源をOFFにしたり、ホームボタンをダブルクリックして直近の使ったアプリから設定画面に戻ることでOFFにできますよっと。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!