Linux標準教科書をAndroid端末にインストールしてみた




Gunosyが、「クックパッド「とりあえずこれ読んどきなさい」と言われた本5冊」というエントリーを運んできて、半分以上が手元にある書籍だったので、俺なかなか押さえるべき本は持ってるな、と思っていたのですが、理解しているのかはまた別の話です。

その5冊の中に「Linux標準教科書」というあたかも、THE 教科書のようなタイトルの書籍が含まれていたのですが、この本はLinux技術者認定機関「LPI-Japan」がLinux入門教材書として無償提供をしている書籍だということです。

無料で手に入るなら手に入れておきましょう。
と、実際にダウンロードができるページに飛ぶと、そこはLPICのサイトでした。LPICとは、LINUXの技術レベルを認定する試験なのですが、ページの中にちゃっかり、

「Linux標準教科書」は【LPIC対策教材ではありません】。LPIC対策教材は市販の教材をご利用ください。

と書かれていたのにはクスッとしてしまいました。

さて書籍のダウンロードは、PDF版の他にも、Androidアプリ版、iPad版、Kindle版などがあり、お手持ちの端末に応じてインストールすることができます。

誰かさんが、
「インターネットが人間の外部記憶となっていくから、人間は情報をネットワークから効率よく引き出す能力を磨く必要がある。」
と言ってたけど、このような教科書が手元のスマホやタブレットにあることはありがたく感じます。

Nexus7に入れてみましたが、キャプチャするとこんな感じ。

linux-text

▼評価は真っ二つに分かれていました。
linux-text2

▼ダウンロードされたのはver1.1.1。2012年にVer2.0.0が出ているので、アプリでは最新バージョンの書籍は取得できないみたい。Ver2.0.0が欲しい人はPDF版を取得しましょう。PDF版を取得するためには、簡単なアンケートフォームを埋める必要があります。
android-standard-text1

▼こんな感じ
android-standard-text2

参考:

リンク:Linux標準教科書 ダウンロードページ
リンク:とりあえずこれ読んどきなさい
リンク:PDF形式で無償の「Linux標準教科書」提供開始Linux初級者が対象


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!