手書きのスケッチからアイコンをデザインしてくれる「logoshi」




ちょっとしたサービスや商品、あるいは会社のロゴを作成するためだったら、もはやデザイナやクラウドソーシングに依頼する必要はなくなるかもしれない。WEBサービス「logoshi」はそんな可能性を感じさせてくれるサービスだった。

このlogoshiというサービスは、あなたが手書きしたロゴをもとにして、まるでデザイナに依頼したかのようなロゴにpng変換してくれるWEBサービス。このサービスは、logoshi制作者自身がちょっとしたWEBサービスのロゴの作成の必要に迫られたことがきっかけで、この世に誕生した。

ロゴ制作にお金をかけたくないという理由で、丸2日かけてPhotoshopを利用して作った素人ながらに作ったそのロゴは、とてもサービスの顔として利用できるものではなかった。しかしその一方で、プロのデザイナの方に制作を依頼すると、スモールスタートするサービスと対比すると、とても高い値段をとられてしまう。logoshiの制作者は当時、仕方なくロゴ制作の依頼費として3万円を支払ったが、結局は出来上がったロゴを気に入ることができずに、利用しないまま終わってしまった。あのとき、簡単にロゴを作成できるツールがあったなら・・・。logoshiは、そのような思いがきっかけで誕生したサービスだ。

このサービスはGunosyによって知ったんだけど、朝にアクセスしたら、502、504エラーを返却していたので、多くの人がアクセスしていたと思われるが、現在サーバーの増強中とのことなので、利用者が増えて課金する人が多く出てくれば、サーバーも安定してくると思う。

使ってみた

カラーパレットから色を選択してロゴにしたい絵を描く。現在は20色から選択でき、線の太さは1種類しかないが、そこはサービスの成長につれて拡充していくものと予想される。

logoshi1

▼ロゴとは程遠いが、スライムを描いてみた。ロゴの下には、ロゴにする文字列(会社名)も入れることができる。入力が完了したら「Make Logo」のボタンを押そう。
logoshi2

▼スライムがこんなロゴになってしまった。しかしロゴとしては、なるほど、まるでどこかの企業のロゴでもおかしくないクオリティだ。サービスの内部的には、ロゴでよく使われる部品(三角形や円、四角形など)に変換して、再構成するようになっているように思われる。
logoshi3

▼ロゴや文字のフォントが気に入らなければ、ボタン1つでロゴを再生成してくれる。こっちはどこかスライムのなごりが残っている。
logoshi11

▼ロゴのイメージを具体的にするために、名刺や看板にはめ込んで出来上がりを想像させてくれるぞ。
logoshi4

logoshi5

▼違うロゴで、もう一度試してみる。
logoshi6

▼こんなロゴになった。
logoshi7

▼「change mark」ボタンを押して変えてみる。
logoshi8

▼変えてみる2。
logoshi9

▼変えてみる3。
logoshi10

もし、ちょっとしたアイコンのデザインに困っていたら、まずは暫定でもいいからlogoshiを使ってサイトやサービスに当てはめてみてはどうだろうか?もしかしたら暫く見ているうちに愛着が出てくるかもしれないぞ。ちなみに出来たpng画像は無料でダウンロードできるが、フルサイズの画像をダウンロードしたい場合は5ドルが必要になる。それでもたったの5ドルだ。

紹介したサービスは

名前 Logoshi
URL https://www.logoshi.com

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!