学習という投資をしよう!俺といっしょにtogetherしようぜ!




みんな~、俺といっしょにtogetherしようぜ~!

まいど、トディーだ!

別に気がふれた訳ではないよ。

ちょっと、変わったコンセプトで英語を学習するWEBサービスがあったんで、あなたに紹介しようと思ってね。

その名は、

「ちょいグリッシュ」

だ。

コンセプトは、
英語を難しいと思っている人に、half English, half Japanese.
抵抗感をなくすためにLittleなことから「Play!」していけばきっといつかはEnglishをPlay! できるようになる!

という、ルー大柴がプロデュースするこのサービス。

学習するプラットフォームは、今年8月にYahooと提携したばかりの有名なオンライン英語教育サービス「iKnow」だ!

▼詳しいことは、こちらを見てほしい!
ちょいグリッシュ

ところで、このサービス
1ヶ月:1000円(10月1日に追加予定)
6ヶ月:4800円
12ヶ月:8400円(yahooプレミアム会員は6000円)
という課金体系なんだけど、

この値段は少々高く感るかもしれない。継続的にかかる訳だから。
しかし、値段が高いということを逆に考えてみよう!

お金を払って、何かのサービスを受けるとき、
人は、支払った分ちゃんと対価を受け取ろうという考えが心理的に働く。

なぜなら、人間は損したくない生き物だから。

(ユーも、食べ放題のお店に行ったとき、元取らなきゃなんて思ったことないかい?)

こういう話がある。

とあるスーパーで、会計のときに「レジ袋は不要です」というと、
代金から2円引いてくれるスーパーがあった。

しかし、エコバッグを持参している人はごく少数で、ほとんどの人は
スーパーのレジ袋をもらって使っている人がほとんどだったそうだ。

誰も、たかが2円のためにエコバッグを持参するなんてことはしなかった。

ところが、このスーパーはある時、やり方を変える。

会計の時に、レジ袋1枚につき2円加算することにしたんだ。
そうすると、途端にエコバッグを持参する人が急増したそうだ。

人は得することよりも、損することを嫌う生き物なんだ!

▼これは、西友のレジ横

例えば、同じ内容のセミナーを受けていたとしても、
10000円を自費で払って受けるセミナーと、
会社が出して、自分は無料で受けるセミナーでは、
講師が話す内容を「しっかりと聞こう!」という本気度が違う。

例えば、同じ映画タイトルであっても、
TSUTAYAでお金を払って借りてきた映画と、
金曜ロードショーでやっていた映画を観るのとでは、
見る本気度が違う。

今まで、英語の勉強をしてきて続かなかった人、
いや、別に英語だけに限らないんだけど、
ちょっと切り口を変えて、毎月お金を支払って勉強するという環境に、
身を置いてみてはどうだろうか?

勉強に対する、本気度が変わってくるかもしれないよ!

ユーも、やってみればいいじゃん!

学習という投資をしよう!

いい感じ!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!