もうナッパの、あの技しか想像できん。Blutoothアームバンド「MYO」




2006年に登場した任天堂のWiiに始まり、光学カメラや赤外線センサーを利用したMicrosoftの「Kinect」、すごい精度で動作を読み取る3次元入力デバイスの「LEAP」・・・、そしてまた、近未来を感じさせるデバイスが登場した。

筋肉の動きを捉えるMYO

近未来を感じさせるデバイス、その名はMYO

MYOが他のデバイスと異なるのは、kinectやLEAPのようにカメラで手や腕の動きを捉えるのではなく、アームバンド型センサーが筋肉の動きを捉えて入力に変える点。

身体の動きなどでデバイスを操作することをNUI(ナチュラルユーザーインターフェイス)と言うそうだけど、MYOの場合は、腕や手に特化した細かい動きをバーチャルな世界に展開できそう。

MYOは、現在$149で予約受付中。はじめにWindowsとMacに対応し、そのあとにiOSとAndroidに対応する予定だそうだ!

紹介動画を見ちゃうと、もうあの使い方しか連想できない。

あの動き、ちっちゃいときみんなやったでしょ。

そう。それは、ナッパの「クンッ

これ、絶対やりたいよね。

いい感じ!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!