3、2、1ときて、ついに出た。「Nintendo 1DS」が登場




米、英、豪での限定発売が決定したニンテンドー2DS。ニンテンドー2DSは、ニンテンドー3DSの3D機能を外した廉価版のニンテンドーDSだ。主な特徴は、名前の通り3Dの立体視機能が無くなったことと、2つ折だった従来のデザインではなく、一枚板デザインになったことだ。

ネット上の任天堂のファンに言わせると「迷走」しているように見えるらしいが、残念ながら日本の発売は予定されていない。

そして今度は、ニンテンドー2DSのさらに廉価版の「Nintendo 1DS」の発売が決定した。名前から推察できるように、2つあった画面が1つになり、さらにシンプルになった。

その機能は「nintendo1ds.com」というサイトで確認できるが、そこにはこう書いてある。

3 new ways to play
Unbelievably fun, Seriously affordable $99.99

(3つの新しいプレイスタイル。信じられない楽しくて、冗談抜きに手ごろな金額$99.99だぜ。)

Nintendo 1DSは、本来ある2つのディスプレイを
「1画面で交互に切り替える」
「テレビを2画面目として使う」
「スマートフォンをディスプレイとして使う」
という3つのスタイルで楽しめる。

発売は11月12日で、価格は米ドルで99.99ドル。3DS XLが199.99ドルで、2DSが129.99ドルであることを考えると確かに安い。

と、実はこのネタ元のnintendo1ds.comは、ネット上で飛び交っていたNintendo 1DSネタを利用したジョークサイトだったんだけど、次は液晶画面がない「Nintendo 0DS」でもネタにしてもらいましょうかね?


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!