[画像あり]googleマップに隠された街「那覇 沖縄」




ハイサイ。

この間のゴールデンウィークに沖縄に戻ってました。
(自分の好きな場所・第二の故郷にしたい場所には、「帰る」「戻る」という言葉を使うようにしよう。きっとその場所に縁ができるから。)

沖縄では、観光などはせずにボケッとしたかったのと、観光地ではない沖縄を味わいたかったので、プールのあるホテルを選んだわけです。

泊まったホテルは首里城に歩いていける距離にあったのですが、そんな場所には目もくれず、ただただ普通の沖縄を味わってました。

ぼくは、どこか始めての場所を歩くとき、どの場所を味わいたいかgoogleマップでちょろっと調べて、雰囲気が良さそうな場所にあたりをつけて動くことがよくあります。今回もそうでした。しかし、ホテルから歩いていける雰囲気の良さそうな場所をgoogleマップで調べていて愕然としたのです。

これはGoogleの新しい違った意味でのクラウドサービスでしょうか?沖縄那覇市は、地図が雲に覆われて、何もわからないのです。

雲に支配された街 那覇

那覇市を引いて見ると、シルエットは確認できます。しかし、白いものがちらほら。

首里付近に移動してみましょう。

もう、ほどんど見えません。

拡大すると何も見えません。

これは、あかん。

雲を取り除いたgoogleマップ

実はグーグル自身も、googleマップやgoole Earthに雲が映りこむことには頭を抱えていました。衛星写真を繋げてひとつの地図に繋げることは、技術的に大きな困難もあり、その一つが雲の存在でした。

しかしグーグルはその壁を取り払い、googleマップやgoole Earthから雲を取り除くべく、雲のない新しい高画質な衛星画像でサービスを刷新することを明言しました。

ランドサット7という衛星から撮影されるその画像は、地球全体で8000億画素。直近のアップデートでは、ロシア、中央アフリカ、インドネシアなどの、しばらく衛星画像が更新されていなかった地域が優先して新画像に刷新されています。

Googleが地球の空から雲を取り除いた―マップとEarthの衛星写真更新 | TechCrunch Japan

GoogleマップとEarthが8000億画素の新衛星画像で刷新、クラウドと決別 – Engadget Japanese

雲が晴れた沖縄

googleマップを開いてみたら、いつの間にか沖縄の地図も、雲が取り除かれた新しいものに置き換わっているようです。

▼白いものが見えない。

▼首里城もはっきり。

▼真っ白だった場所も、雲ひとつない。

雲の下の沖縄

沖縄の雲が取り除かれるのは、いつになるのでしょうか?
上記の通り、いつの間にか取り除かれてました。google早い!

雲の下の沖縄は、こんなにおもしろい!

泊まったホテル

ホテルの部屋の窓から。台風が多いためかコンクリートの建物が多い。

夜景キレイ。

なんとなく首里っぽい道路

首里っぽさがハンパない

首里公民館はもちろんコンクリート

郵便局の屋根が沖縄らしい

首里らしさが溢れるファミマ

こいのぼり(のぼってないけど)からの、首里城

民家は沖縄らしいつくり

若いんだか、若くないんだかわからない店

首里はゆいレールの終着駅。そのゆいレールの終端

沖縄らいし苗字、3連発

まさかのホース置き場にされ、落ち込むシーサー

壁に書かれた、よくわからん文字。「マケタクナイ!!ってか負ケナイ!!」

ユタシクウニゲーサビラ。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!