レバ刺しに未練がある人へ




いや~、インターネットの中の世界も、インターネットの外の世界も、法律による国民の縛りは厳しくなるばかりですね。

オンラインの世界では、ダウンロード違法の法案化がされました。

そして、オフラインの世界では、ご存知のとおり、食品衛生法に基づき7月1日から『牛レバ刺し』の提供が禁止になりました。

あなたは最後のレバ刺しを堪能しましたか?

レバ刺しに未練がある人へ、まずはこちらをご覧下さい。

http://rebasashi.com/

どうでした?未練は払拭できましたか?

▼シュール、シュール過ぎる。なんで、最後、外人やねん。

まぁ、しかし、世の中にはこの逆境をビジネスチャンスに変えようとする会社もあります。

「焼き」の作業をお客様に任せて、引き続き「レバー」を提供することを公言した焼肉店や、

ただし、7月以降はテーブル上で焼いて召し上がり頂けるようにコンロを設置させてい頂きます。またメニュー名が「レバー刺し」から「レバー」に生まれ変わります。

「マンナンレバー」っていう、こんにゃくやトマト、イカスミを原材料にして、レバーのような風味の食品を開発したりと、

逆境をビジネスに転化しています。

でも、こういうところにいち早く気づいて、サービスを提供できるところが、成功したりするんですよね。

それにしても、
「ありがとう、さようなら。また会える日まで。」
の響きには、なんかノスタルジックな思いになってしまうのは、僕だけでしょうか?

いい感じ!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!