いい話。いや悪い話かもしれない。Siriに話した内容は最大2年間保存される




いい話、いや悪い話かもしれない。

音声認識アプリのSiriがユーザーが話しかけた内容を最大で2年間保存するということを、テクノロジーニュースを発信するWiredが報じています。

ご存知だと思うけどSiri(シリ)とは、iOSに搭載された秘書機能アプリケーションソフトウェア。Siriを立ち上げたIOSデバイスに話しかければ、まるで人と対話しているかのように答えてくれる。まるで、あなたの友達のように。

▼例えば、こんな感じだ。

まるで近未来の映画に出てきてもおかしくないようなこの機能。僕自身はまだ使ったことがないんだけど、もし使っていたら、あんなことやこんなを質問していって、その質問はどんどん際どいほうにエスカレートしていったはずだ。

残念ながら、あなたはもうそんな使い方をしてしまったんじゃないかな?

残念なことに、その会話の内容のデータはAppleのサーバーの中に最大で2年間、保管されるらしい。あなたのこんな質問やあんな質問が2年間も。

とまあ、あなたの秘密の会話はサーバーに保存されるわけだけど、幸いなことに、ユーザーと会話データを結びつけはランダムなIDが利用され、そのIDは6ヶ月で削除。そして、その18ヶ月後に会話データも削除されるというデータ保持ポリシーらしい。

よっぽどのことがない限り、表にでることはなさそうだ。よかったね。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!