twitterでゲッツするとツイートできない。それコマンドですから。




「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」

4つの言葉が大賞となった2013年の流行語大賞であるが、なんかこう一つもの足りない。そうあの言葉ほどのインパクトが感じられないのだ。あの言葉が流行したのは、今から10年前の2003年だった。その言葉は、そう、

「ゲッツ!」

gets-sakano

Twitterではつぶやけない言葉がある

話はダルビッシュのスライダーのように変化するが、twitterではつぶやけない言葉が存在することをご存知だろうか?

ためしにtwitterのサイトを開いて、以下のようにツイートしてみよう。

「get s」

そうすると、以下のような表示がされるだろう。

twitter-command-gets

そこにはこのように書かれている。

@sさん:****************************
get sはツイートではなくコマンドです。 詳しい説明

「ゲッツはツイートではなくコマンドです。」とあり、確かに「get s」は投稿されていない。

ここでのポイントはgetとsの間に空白が入っていることだ。なぜ投稿されていないのか?その理由は「詳しい説明」をクリックする理解できるだろう。

それツイートじゃなく、コマンドですから

詳しい説明」ページにはこのように書かれている。

「Twitter SMS commands」

つまり、ここに書かれている単語を先頭にしてつぶやくと、ツイートではなくtwitterに対するコマンド(命令)と解釈され、様々な効果を及ぼすのだ。

例えば先ほどの「get s」は、@sアカウントの最新ツイートを取得するというコマンドだったのだ。他にも、

follow アカウント名

アカウント名をフォローします。

twitter-command-follow

unfollow アカウント名

アカウント名のフォローを解除します。

twitter-command-unfollow

delete tweet

あなたの投稿した最新のツイートを削除します。

twitter-command-delete

whois アカウント名

アカウント名のプロフィール情報を取得します。

twitter-command-whois

suggest

あなたがフォローすべきアカウントがリコメンドされます。

twitter-command-suggest

他にもコマンドリストには様々なものがあるから、興味があるならチェックしてみるといいだろう。

もしあなたがツイートをしても投稿されていないなら、それはコマンドを指定しているかもしれない。そのときはゲッツのことを思い出そう。


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!