twitterが仕様変更。誰にでもダイレクトメッセージ(DM)が送れるように!




twitterでは、ダイレクトメッセージ(DM)は完全に見ない、といった人が多いようですが、あなたはtwitterのダイレクトメッセージ(DM)機能を使っているでしょうか?

2015年4月21日、twitterは同社の日本語版公式アカウントにて、ダイレクトメッセージを誰からでも受け取る設定を一般ユーザー向けに公開したことを発表しています。

かいつまんで言うと、以下のことができるようになります。

・ダイレクトメッセージの送信のために、相手に自分をフォローしてもらう必要はなくなる。
・自分がフォローしていない人からのダイレクトメッセージにも返信できる。
・誰からでもダイレクトメッセージを受け取ることができる。
・上記は、[設定]の[セキュリティとプライバシー設定]でオプションとして仕様の有無を選択できる。
・望まない相手からのダイレクトメッセージはブロックすることができる。

この仕様変更はかなり大きな変更といえます。事実、twitter自身が、誰にでもDMを送れるという機能は本来のtwitterの使用とは対極になる機能であることを明記しています。

この機能は約1年前に一時的に公開されたものですが、ユーザーからの賛否両論もあり、直後に削除された機能でした。しかし、LINEのようなメッセージングサービスがコミュニケーションツールのシェアを奪っていく中、twitter自身もより柔軟なコミュニケーション手段を求められる時期にあるようで、実際に、twitterのダイレクトメッセージでは、友達や家族と1対1で、または、グループを作って仲間内でクローズドな会話を楽しめるといった、LINEのようなメッセージングサービスを意識した機能になっています。

今までの仕様

今までのダイレクトメッセージの仕様は、

1.フォロワーにのみ送信可能。
2.自分がフォローしている相手からのみ受信可能。

でした。

そのため、相互フォロー同士でない場合、
たとえばあなたがAさんをフォローしていて、Aさんからのフォローされていないケースでは、

1.Aさんはあなたにダイレクトメッセージを送れる。
2.あなたはAさんからのメッセージを見れる。
3.だけど、あなたはAさんにメッセージが送れない

という仕様になっており、ダイレクトメッセージのやりとりをする前提として、相互フォロー同士になっている必要がありました。でもそれってなんか使えない・・・。

これからの仕様

この機能はオプションです。したがって、オプションを有効にしない限り、あなたはこれまで通り、twitterを使用することができます。オプション有効にすると、それは、世界中の他のユーザーに、あなたが誰からでもダイレクトメッセージを受け取っても良いという意思表示になります。
※リリースしたばかりのため、現時点では、すべてのユーザーが設定できるわけではなく、順次対応中とのこと。

リアルな知り合いとダレクトメッセージを利用すれば、あたかもLINEのような振る舞いをするでしょう。一方で、LINEのIDを公開しながらのメッセージング機能という特徴は、簡単にIDを知ることができないLINEとは一線を画す機能ということができます。

例えばtwitter上では、自分の電話番号やLINEのIDなどを晒して、1対1の完全クローズドなコミュニケーション手段で連絡を取り合う人達がいますが、それがtwitterだけで完結するようになります。

この仕様でどうなるの?

出会い系の要素が増える

これは確実に増えると思います。既にLINEやカカオトークなどでは、IDを晒す用途の掲示板が乱立し、出会いを求める人達がIDを晒しあってコミュニケートしています。もしあなたが貞操が軽く見られるような発言をtwitterで多くしている場合、知らない人からのダイレクトメッセージでの連絡が多くくるかもしれません。

LINEとの差別化

リアルな友人同士でのクローズドなコミュニケーションは、LINEに代表されるようなメッセージングサービスにシェアを奪われました。

twitterは、どちらかと言うとリアルな友人関係というよりも、趣味・嗜好で繋がった友人関係という色が強いと思います。その軸でのソーシャルグラフはlineよりもtwitterの方が優位であるため、その友達空間でのクローズドコミュニケーションの活性化に繋がるかもしれません。

バカッターが減る

最近世間を騒がせているバカッターの投稿。

その理由の一つとして言われていることが「twitterをクローズドな環境と勘違いして、仲間内だけに送ったつもりで他からも見えていた」というものです。

ダイレクトメッセージが積極的に利用されれば、少なくとも第三者からの炎上は防げそうな気がします。

用途によって使い分けができる

twitterで発せられた言葉は、すべての人から見られます。

それぞれのアカウントでは、それぞれのアカウントの中の人が、そのアカウントのキャラクターになりきってツイートしている人は、結構いると思います。

だから、そのキャラクターに反するようなツイートはあまりできない。そんな場合、DMを使えば1つのアカウントでキャラとは異なるメッセージを送ることができます。

1対多の法人向け

engadget.comでは、以下のような効果を想定しています。

大量のユーザーにフォローされており、苦情や要望は非公開で受け付けたい、でもいちいち相手を全員フォローし返すわけにもいかない、といった企業アカウントなどには便利そうな変更です。

例えば、コンプレックスに関するアンケートをtwitterでは回答してもらうのは難しいかもしれませんが、DMを利用し他のユーザーから不可視にすることで、それが可能になるかもしれません。

スパムが深刻化する

結構危険な香りがします。

これは、twitterをやっている人なら感覚的に分かると思いますが、現在のtwitterのダイレクトメールが流行っていない理由の一つが、フィッシングサイトに誘導するスパムや、営業のメッセージがたくさんくるからです。

プロフィール欄に、それを理由でプロフィールにDMは見ません。と公言している人もいたります。

ネット上ではこの仕様変更については賛否両論あるようで、どちらかというと「無効のままにしておく」という人が多いようですが、

あなたはどちらに設定しますか?

参考
プライベートな会話がより簡単になります


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!