Yahoo検索がいろいろ進化しまくりで、これからに期待できるぞ!




誰だ、ヤフーは落ち目といったのは?

メリッサ・マイヤーの強烈な手腕により、Googleから月間アクセス数1位の座を奪い取った米Yahooですが、日本のYahooもなかなか頑張っているようです、特に検索機能あたりが!

リアルタイム検索

前からありましたが、リアルタイム検索は、複数のSNSをサイトの枠を超えて時間軸で検索することができます。現在はtwitterとfacebookの2サイトだけに対応していますが、メジャーなSNSが登場すれば今後も追加されるでしょう。

twitterだけとかfacebookだけみたいに、サイトを限定して表示することも可能で、同じキーワードで検索して表示を切り分けると、twitterとfacebookの民度の違いに驚くかもしれません。

このように、facebookの投稿も公開設定を「全体」にしていると、第三者からも簡単に検索できてしまうので「ハッ」と思った人は設定を確認してみましょう。以外に知らない人が多かったりします。

LINEはクローズSNSなので、ここに入ってくることはないでしょう。

Yahoo! 予約検索


Yahoo! 予約は、レストランなどの店舗を検索サイトからそのまま予約まで完了できるというサービス。

アメリカでは「OpenTable」というサイトがあって、店舗検索から予約までをシームレスにWEB完結できるサービスが流行っているらしいんだけど、日本版のOpenTableはなかなか浸透している感がない。

なので結局、食べログやぐるなび、最近だったらRettyなんかからお店を探して、わざわざ電話して予約することになる。

Yahoo! 予約が浸透すれば、ヤフー検索からの一連のアクションで予約まで完了するなら、魅力的だと思う。まだまだ対応店舗の新規開拓中のようで、現時点では約3,500軒の飲食店が対象になっている。主要都市に浸透するまでにはまだしばらく時間がかかりそう。

さわれる検索


さわれる検索は「検索結果を触れる」をコンセプトに3Dプリンタの技術を用いて開発された、あらたな検索機能。

従来の検索結果は「視覚」と「聴覚」がメインであったがそこに新たに「触覚」がプラスされる。

ユーザーは、音声をインプットする。
検索エンジンは、音声と蓄積された3Dデータをマッピングする。
検索結果は、3Dプリンタを利用して立体物としてアウトプットする。

この「さわれる検索」は、盲学校の子どもたちの「さわれる」体験を実現するプロジェクトだということで、現在は筑波大学附属視覚特別支援学校で試験導入されているそうです。

自宅のPCと3Dプリンタが接続できる時代が来れば、家にいながら好きな立体物を取り出せるようになるかもしれません。

Yahoo!検索(人物)

約13,000人いるというアメーバの芸能人・有名人ブログとの提携を発表しています。

Yahoo人物検索と言えば、タレント名鑑の公式データに加え、twitterやyoutube、商品情報や時事ニュースにテレビ番組などの情報を揃えていますが、さらに強力な武器が追加されたことになるでしょう。

アメーバブログといえば芸能人のプライベートな写真などが豊富に詰まった宝庫ですが、Yahooの人物検索や画像検索からその写真にアクセスできるようになります。

ブログ検索


残念ながら、こちらは仕分け対象になりました。2013年11月5日に終了します。

以前に、WordPressでYahooブログにPINGを送ってもインデックスされないされない問題に頭を悩ませながら、途中でサジを投げましたが、なんだか正解だった気がしてきました。

最後に

ヤフーの売り上げの事業別内訳は、ヤフー本体の「メディア」事業とヤフオク&ヤフーショップなどの「コンシューマ」、BtoBの「BS事業」の3分されてるようです。

コンシューマ向け事業の代表はヤフオクやヤフーショップで、こちらは個人向けのストア出店などの新事業の展開を発表した他、特にヤフオクなんかは、テレビCMやロゴの刷新、ヤフオクドームへの改名などで露出を積極的に図ってます。

そして、本懐のメディア事業は外部サービスとの連携が鍵なのでしょう。

ヤフーという看板があっても、韓国のように終わってしまったサイトもあるなか、日本のYahooはまだまだ伸びしろがあるかもしれない。

世界で唯一、ヤフーが国内アクセス数NO1の国だしね。


Age of Internet Empires」より


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!