これからの時期、ゲリラ豪雨対策にはYahooの雨雲ズームレーダーをチェックしておくといい感じ!





例年よりも半月も早く梅雨明けをした関東。って梅雨らしい梅雨を感じなかった2013年ですが、梅雨を開けても気をつけなければならないのが、スコールのような夕立や落雷を伴うゲリラ豪雨だ。

ゲリラ豪雨は、突発的な積乱雲の発生に伴う局地的に集中して降る雨のことで、地表と大気の温度差が安定しない7月、8月に起きやすい。予測が困難なために、むしろ梅雨の雨よりもやっかいかもしれない。

そんな季節にチェックしておきたいサービスが、「Yahooの雨雲ズームレーダー」だ。

Yahooの雨雲ズームレーダーとは、ヤフー天気の中にある機能の一つで、全国各地の実況雨雲の動きをリアルタイムでチェックできるサービス。地図をズームアップすることで、ピンポイントで雨雲の様子をチェックすることができ、かつ、直近1時間の雨雲の動きの予測も示してくれる。

現在の雨雲をチェック

現時点での雨雲の位置と降水量がチェックできるリアルタイムでチェックできる。

1時間後の雨雲を予測できる

画面下のスライドを左右させることにより、過去の雨雲の位置と、これから1時間以内の雨雲の予想位置を表示できる。スーパーへの買出しや駅までのお迎えなどの短時間の外出の場合は、十分に信頼できる予想になるだろう。

ズームしてピンポイントでチェックできる

画面左のスライドを上下させることで、日本全国の雨雲や、絞ったエリアの雨雲をチェックできる。ゲリラ豪雨は局地的に降る場合が多いので、ピンポイントにチェックできる機能は重宝する。

便利なサービスを利用して、ゲリラ豪雨を攻略しよう!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!