「新しくツイッターを始めたあなたへ」危ない、凍結のリスク上昇中




twitterを始めたばかりのあなた、危ない。

4月に入って年度が変わり、新しい学校や職場に通い始め、生活環境が変わった人は多くいると思います。今の時代、自分の環境と同じように変わるのがソーシャルグラフ、つまり、ネット上での交友関係なんじゃないでしょうか?

多くの人がやっているSNSの代表といったらtwitter。
あなたは今月、twitter上で何人の人と交流したでしょうか?

新年度は人と多く知り合う時期ですし、新しい友達とtwitter上でも交流したい!そのように思うのは当然のことですが、もし、あなたがツイッターを始めたばかりであるなら、友達をフォローするのには慎重になった方がいいかもしれません。

凍結リスク上昇中

下のグラフを見てください。

これは、google上で検索されたワードを解析するgoogleトレンドのグラフなんですが、「twitter 凍結」と検索した人数のグラフです。

昨年の年末あたりから急に検索している人が増え始め、今も上昇中です。
これは、ツイッターが凍結されてしまって解決法を求めている人たちが検索している証拠と言えるでしょう。

その凍結理由で最も多く当てはまると思われるのが、短時間での過剰フォローです。特に作って間もないアカウントであればある程、そのようなフォロー行為によって凍結する事例が増えているように思います。

例えば話題になった、SNH48宮澤佐江さんの凍結の理由も、開始直後の過剰フォローだったし、ヤフー知恵袋に投稿されている凍結も、短時間での過剰フォローが原因です。あなたの周りの友達にもいないでしょうか?

なんで、凍結されるの?

なんで、短時間での過剰フォローが凍結されるのでしょうか?

それはtwitterが、例えばスパム業者がやるような、「営利目的な有益でないツイートの連投」を避けたいためだと思います。そのような業者はアカウントを大量につくり意味のないフォローとツイートを繰り返すためにタイムラインを汚しますし、ツイッターのサーバーやネットワーク負荷を上昇させます。

あなたがそのような意図はなくても、そのような行為に似ている操作は、厳しく判定されるのでしょう。

正直、凍結基準なんて時間と共に変わるので、目安程度に思うべきです。一番大切なのは、あなたが血の通ったユーザーであり、それに基づいたツイートやフォローをするように心がけるべきです。あなたがそのようなツイートをする人だとtwitterが判断するようになれば、多少の過剰な発言やフォローをしても凍結しなくなるもんです。

凍結基準や事例凍結解除方法は、こちらをご覧ください。

つまり、ツイッターに信用されましょう。
いいツイートライフを!


この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします!